iPhone Xのファーストケースはこれ?Ankerの新ブランドKARAPAXの保護ケース「Touch」をレビュー!

KARAPAXのiPhone用保護ケース

2017年の秋から展開されたAnkerのサブブランド「KARAPAX」。そのKARAPAXからiPhone X用の液晶保護フィルム1種と、保護ケース2種がリリースされました。
液晶保護フィルムはレビューしていますので、こちらをご参照ください。

貼りずれナシ、iPhone Xの強化ガラス液晶保護フィルム!Ankerの新ブランドKARAPAXのGlassGuardをレビュー!

2017.11.03

シンプルな保護ケース「Touch」

保護ケースは「Touch」と「Shield」がありますが、実はiPhone 8 Plusで「Touch」を使っていたこともあり、引き続き「Touch」で行くことにしました。

中身が見えるクリアーなパッケージ。引いて見ると、ブランド名「KARAPAX」の「K」であることが分かります。

内容物は「Touch」ケースと紙類のみ。ケースはマット素材ながら、さらさらとした手触りで、長時間触っていても気にならない上品な質感になっています。

ケース自体は23.1gしかありません。持った感じも非常に軽く感じます。

iPhone Xに装着しても、総重量は200gちょい。ケースを付けてもほとんど負担になりません。

iPhone Xのエッジを覆うようなケースのため、画面側をテーブルに置いても、直接画面が接地しないようになっています。

右側面のスイッチ類(写真上)と、左側面の電源ボタン(写真下)。

左右の側面には、アクセントで一部にクリアーになる処理が入れてあり、SIMトレイ側には「KARAPAX」のロゴがあります(写真上)。Lightningポートやスピーカー周りはしっかりくり抜かれています。余裕があるので、多少太いコネクタを持ったLightningケーブルでも大丈夫でしょう。

ケース自体の色はブラックですが、スモークのようなので、Appleマークもしっかり見えます。

縦に並んだレンズの周縁部も、レンズよりやや高さがあるので、テーブルに置いてもレンズが当たるようなことはありません。画面側もそうでしたが、細かいところに気を使われているなと思います。

ブラックながら、iPhoneの色がしっかり反映できるのがこのケースのいいところだなと思っていまして、シルバーのiPhone X(写真右)とゴールドのiPhone 8 Plus(写真左)で色が違って見えるのが分かるでしょうか?これ、同じKARAPAXのTouchケースを使っています。ケースの色は同じブラックながら、iPhoneの色に合わせて、見え方が変わるようになっています。

1,000円を切る格安な製品ながら(2017年11月現在)、精度も高く、上質な質感を持つこのケース。iPhone Xの最初のケースを何にしようか迷われているなら、とりあえずこのケースがオススメです。

KARAPAX製のiPhone用保護ケース

iPhone X用

iPhone XのみTouchのホワイトケースが存在するようです。

iPhone 8 Plus / 7 Plus用

iPhone 8 / 7用

この記事を保存&シェアするなら……