iPhone 7 Plus用!Spigenのキックスタンド付クリスタル・クリアケースをレビュー!

先日、Spigenのキックスタンドをレビューしたんですが、けっこう気に入っていまして、機能そのものもさることながら、作りの精巧さや開閉の気持ち良さがクセになります。

わずか8グラムの大改革!Spigenのメタル製キックスタンドU100でスマホが大地に立つ!

2016.09.01
さて、話はiPhone 7です。今回はiPhone 7 Plusを選んだので、キックスタンドはかなり役立つはず。単品のスタンドを継続して使おうと思っていたのですが、SpigenさんのサイトでiPhone 7 Plus用のケースを探していると、キックスタンド付きのケースがあるじゃないですか。

iPhone 7 Plusはまだ発売していませんが、ケースだけ先に届きました。(発表直後の製品であるにもかかわらず、すでにiPhone 7 Plusと記載されている……)

ケースだけ封入されています。複数の文字が斜めに入っていますが、これはケース自体の保護シール。ビニール袋に入れるのではなく、わざわざ手間がかかる保護シールを貼ってしまうあたり、気が利いています。iPhone 7 Plusが届いたら剥がして取り付けるので、本レビューではこのまま進めます。

キックスタンドの前に、ケースを見ていきましょう。まずは底面のスピーカー、Lightningコネクタ周り。公表されている通り、イヤホンジャックはありません。

カメラ周り。大きく開いています。ここに広角と望遠のデュアルカメラが収まって、被写界深度エフェクトが使えたり、RAW保存ができたりする考えると、早く手に入れたい欲が高まります。持ち運び用にPanasonicのDMC-CM10買おうかなと思っていたけど、過去の話になりそう。

右側面の電源・スリープスイッチ。穴を開けるのではなく、多層の凹凸を作って処理しています。これで押しやすさを担保しているのはないかと思われます。手間がかかってる。

左側面のサウンドON/OFFスイッチ(さすがに穴が開いています)と、ボリューム+−ボタン。こちらも電源スイッチと同様の処理。

ケースの素材は、TPUとポリカーボネートの組み合わせ(Amazonの商品説明による)。バンパー部分に採用されているTPUは熱可塑性ポリウレタン、いわゆるゴムの一種で、iPhoneを保護する役割を果たします。そして、背面に採用されたのは透明度の高いポリカーボネートで、iPhoneを美しく魅せます。これが、商品名につけられたウルトラ・ハイブリッドの所以というわけです。一見柔らかそうですが、この状態で折り曲げようとしても、意外と頑なです。

さて、キックスタンドに話を移しましょう。こちらは、単体売りされているメタル製キックスタンドU100を取り付けたもののようです。

裏から見ると、そのまま貼り付けていることが分かります。要らなくなったら取り外せそう。

iPhone 7 Plusはまだ届いていませんが、とりあえず気分だけ味わおうと、スタンディングしました。

iPhone 7 Plusは本体が大きい分、他の端末に比べると角度がつきにくいようです(ちょっとだけ)。

早くiPhone 7 Plus欲しいです。

[追記]iPhone 7 PLus ジェットブラック到着

ついに到着しました、iPhone 7 Plus。しかもジェットブラックなので、この黒の魅力を存分に引き出してくれています!

こちらはiPhone 7 Plus用

こちらはiPhone 7用

こちらがキックスタンド単品。