アプリと連動するQi充電パッド!その名は「Luna」タテもヨコもいけるAukeyのワイヤレスチャージャーをレビュー![PR]

aukey-luna_06

Qiに対応した充電パッドは数あれど、市場の盛り上がりがイマイチなので、デスク上に置きたくなるようなデザイン性の高い充電パッドパッドはなかなかありません。しかし、今回紹介する製品は一味違うようです。
※レビューにあたって、Aukey様より商品サンプルをご提供いただきました。

白を基調とし、製品写真とロゴだけ、Apple製品のような佇まいのパッケージです。

フタを取ると、真っ黒な円盤が。パッケージ写真を見ると、シルバーのようでしたが、光の加減だったようです。これはこれで悪くないんですが、ちょっとガッカリ(※Amazonで複数の写真を見れば黒だと分かる)。

マニュアル、不織布、ワランティカード(保証書)、充電パッド本体、スタンド、スタンド用のキャップ×2、となっています。

裏面は亜鉛のアルミニウム合金で作られているそうです。なお、USBケーブルは直付けなので、交換はできません。ケーブルを延長したい場合は、USB延長ケーブルを使う必要があります。

今回使用したiPhone用のQiケース WIR-047Bのレビューはこちら
https://www.makkyon.com/2015/11/05/iphone6-qi-case/
充電パッドにスタンドを取り付けたところ。横から見るとうっすいです。Qiケースの厚みとぴったり。

正面から。適度に角度が付いているので、安定しています。本体下のLEDインジケータ(緑)が給電中であることを示しています。

スタンドを外して、平置きにすることもできます。これはこれで安定します。

平置きにした場合は、LEDが上になるように配置したほうがよさそうです。

円形でそれなりに場所もとりますが、デスクに置いておいても様になる充電パッドです。

さて、ところでこの充電パッド、パッケージの裏を見るとiOS/Androidアプリへのリンクがあります。

QRコードを読んでみると、専用のアプリがありました。ワイヤレス充電でアプリを使用するなんて、聞いたことがありません。

実は、充電時に何を表示させるか決められるアプリなのです。このアプリを起動させた状態で、Clock Modeにすれば時計が表示されますし、Music Modeにすればあらかじめ決められた曲が流れます(音楽だけはアプリを起動していなくてもOK)。Picture Modeなら写真がスライドショー再生されます。スタンド型の充電パッドならではのアプリですね。

実はこのアプリ、Luna専用というわけではなく、充電状態を感知して動作するだけなので、普通にLightningケーブルで充電していても使えます。

使ってみた感想

いいところ

見た目が第一。他のワイヤレスチャージャーにはないデザイン性でしょう。スタンドにしても、平置きにしても様になるのは素晴らしい。

惜しいところ

ケーブルが取り外せないこと以外に不満はないものの、あえて苦言を呈するとすれば、パッケージはシルバーのように見えるのに、実際には黒い盤面というところですかね。パッケージを見て期待してしまっただけに、蓋を開けた時にちょっと残念な気持ちになりました。

まとめ

小型のものが多いワイヤレスチャージャーの中では、大きい部類にある本製品。見た目にインパクトがあるだけに、このデザインがいいと思ったなら、買っても間違いはないですね。

aukey-luna_06