コーヒー

コーヒーは奥が深い……早くて美味しいAEROBIE社製エアロプレス コーヒーメーカーを動画レビュー。

先日の丸山珈琲で美味しいコーヒーを飲んで、自宅でも淹れたくなったので、いろいろ調べてみました。

[kanren id=”3831″]

コーヒーの淹れ方いろいろ

まずは、改めてコーヒーの代表的な淹れ方から。

ペーパードリップ/ネルドリップ

ハリオ V60 耐熱ガラス透過ドリッパー 02 1~4人用 ブラック VDG-02Bハリオ V60用 ペーパーフィルタ M 1~2人用 100枚箱入り みさらし VCF-01-100MK
世の中で「コーヒーを淹れる」と言えばこれ。挽いたコーヒー豆をフィルタに入れて、お湯を入れる。ネルドリップ(布)もあるけど、ペーパードリップ(紙)はコンビニでも買えるので、これが一般的かと。自分は金属フィルタでドリップしている。洗うのがちょっと面倒。

フレンチプレス

【正規品】BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー,0.5L 10683-01J
紅茶で使っている人も多いのでは。豆の味がよく出る印象。ただ、オイルや微粉もよく出るので、すっきりしたコーヒーにはなりにくい。好き嫌いが分かれるところ。

サイフォン

TWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカー ダークブラウン CM-D853BR
古い喫茶店にはこれが置いてあるところが多い気がする。これで淹れたことはないけど、プロフェッショナルな印象がある。

エアロプレス

エアロプレス コーヒーメーカー
気になったのはこれ。Wikipediaのエアロプレスの項によると2005年に発明されたものらしい。コーヒーサイフォンが1840年頃には存在していたことを考えれば、相当に新参者のようだ。(ちなみに、フレンチプレスは1929年、ドリップ式は1800年頃、らしい)

今回購入した製品

最も興味を惹かれたエアロプレスのコーヒーメーカーを買ってみた。

意外と大きなパッケージ。

iPhoneと並べてみたら、相当高い。

メイドインUSA。六角柱のパッケージを作るのもなんだか納得。日本だったら真四角なパッケージになっていそう。

内容物一覧。ずらりといろんなパーツが揃っている。ペーパーフィルタは大量に付いているので、予備を買うのはまだまだ後でいい。

付属の説明書には2種類ある。1つは発売元のAEROBIE社が作った多言語マニュアル。日本語表記もあるのだけど、これとは別に小川珈琲の用意した取扱説明書がある。今回はこちらを元に記事を書いている。

実際に淹れてみた

実際にエアロプレスコーヒーメーカーを使ってコーヒーを入れている様子を、動画で撮ってみました。

使ってみた感想

ギュギュッと凝縮されたエスプレッソができたので、お湯を足してコーヒーとして飲んでみた。

いいところ

ドリップ式よりも、短い時間でコーヒーを淹れることができる。使い終わったコーヒーの粉は、水分の抜けた半固形物になっているので、そのまま捨てられる。

悪いところ

コーヒーを淹れる時間は短いのだけど、ドリップ式より器具が多いので、ちょっと面倒かも。

まとめ

同じ豆でもドリップしたものより味わいが深い。でもスッキリとした飲み口なので、たくさん飲めてしまう。何より、抽出までの時間が短いので、朝の忙しいときなどはささっと入れられてとても便利だ。

今回使用したツール

↓コーヒー豆を挽くのにはこれを使ってます。コンパクトなので、会社に持って行ったり、ハイキングに持って行ったりしてます。

↓コーヒー用というわけではないのですが、早くお湯が沸くので重宝しています。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
200ml以下の“小さい水筒”オススメ製品まとめ


バッグの中でかさばらない200ml以下の小さい水筒をまとめてみました。コーヒー専用から、キャラクターものまで個性的なボトルが揃っています。
200ml以下の「小さい水筒」オススメまとめ記事へ