\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

東京から片道4時間半!ローカルフード“天領うどん”を食べに宮崎県に日帰りで行ってきた話。

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

宮崎のソウルフード

ソウルフード……地元では当たり前すぎて気づかないけど、離れると無性に食べたくなるもの。
宮崎県のソウルフードと言って、東京の皆さんが想像されるものといえば、チキン南蛮、地鶏、肉巻きおにぎり、あたりでしょうか。

しかし、宮崎県北部にある日向市には、それらを上回るソウルフード「天領うどん」があります。

そうだ、天領うどん行こう。

朝7:30 新東京国際空港(羽田空港)

家からここまで1時間ちょっと。平日の羽田空港は朝でもやや混み。

朝8:30 ソラシドエア

CAさんがやたらと気のつく親切な方だったので、危うく好きになりそうだった。

10:10 宮崎ブーゲンビリア空港

10月でも宮崎の陽射しはまだまだ暑い。そして、ブーゲンビリアという新名称に未だに馴染めない。

10:30 宮崎空港駅

宮崎の鉄道事情は、東京に比べるととてものんびり。30分待ちはザラなので、事前の発車時刻調べは必須です。

12:05 日向市駅

宮崎空港駅から普通電車に揺られること約1時間半、日向市駅に到着です。モダンな外観の日向市駅ですが、ICカードは使えません。なお、ここは日向”市”駅。日向駅は千葉にあります。

【参考】千葉の日向駅は実際に行ったことがあって、こちらが駅前の様子(千葉県山武市/2007年ごろ)。

【参考】見慣れた文字なのに知らない駅(千葉県山武市/2007年ごろ)。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX