Amazon 新生活SALE 開催中!3/5(火)23:59まで

ウェブ会議に必要なのは、安定した通話とクリアな音声……つまり“有線”/白が映えるロジクール USB PC用ヘッドセット H390

  • URLをコピーしました!
※makkyon webはAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得て、運営費に充てています。予めご了承ください

ウェブ会議のために必要なのは……有線?

ワイヤレスヘッドセットは世の中に数多く出回っていますが、ワイヤレスならではの困った点として「音がこもりがち」なこと、そして、まれに起こる接続トラブルです。しかもこうしたトラブルは、よりによって大事なシーンに起きがちです。ワイヤレスの利便性の裏返しでもあります。

その点、有線のヘッドセットは、ケーブルで繋がっているという安心感に、ワイヤレスでは到達できない音質を持っています。そして、ワイヤレスに比べると、圧倒的に「リーズナブル」なのです。

今回レビューするのは、リーズナブルな価格にも関わらず、高い品質を誇る有線ヘッドセットです。

INDEX

ロジクール USB PC用ヘッドセット H390をレビュー

今回紹介するのは、ロジクールのUSB接続ヘッドセット「H390」です。こちらがパッケージ。ヘッドセットとしては、とても珍しいホワイトです。

本記事の作成にあたり、製品サンプルをご提供いただきました。

グラファイト、オフホワイト、ローズのカラーバリエーションがあり、今回はこのうちオフホワイトを使ってみます。

パッケージを開けると、折り返しに簡単な説明があります。USBポートに接続するだけで認識されるので、難しいことはないでしょう。

内容物は、H390ヘッドセットと、保証規定です。なお、保証書はパッケージにあるので、早々に捨ててしまわないようご注意ください。

こちらがH390ヘッドセット。持ってわかる作りの良さ。見た目には全く分かりませんが、再生プラスチックを使用した、環境に優しい製品です。

ヘッドバンドにはレザー調のクッションがあり、頭部に優しく触れます。

イヤーパッドにも同じ素材が使われています。

ヘッドバンドはスイベルマウント式で、耳へのフィット感を調整してくれます。

フレームは伸縮するので、頭が大きい方も小さい方も調整可能です。私は頭が大きいので、ヘッドホンによってはキツいものもありますが、H390は問題ありませんでした。

ケーブルは直付けです。雑に扱って断線しないよう気をつけましょう。

ブームマイクは180度動きます。ブームマイクのフレームを曲げることはできません。

口元のマイクはノイズキャンセリング機能を採用していて、周囲の雑音をカットしてくれます。

顔の形に沿ってカーブしていて、マイクが口元に来るようになっています。

接続はUSB-Aです。ケーブルは非常に長く、約1.9mあります。このため、デスクトップパソコンの背面のUSBコネクタに挿しても、十分に余裕があります。

もし、パソコンにUSB-Cコネクタしかない場合は、変換コネクタを使いましょう。

ヘッドセットは、ケーブルの途中にあるコントローラーで、インラインコントロールが可能です。中央のボタンはミュートボタン、その縁には音量増減が可能なボタンがあります。

クリップが付いているので、襟元やシャツに固定できます。

コントローラーを境にして、ヘッドセット側のケーブルは取り回ししやすいように細く、USB側のケーブルは太く頑丈になっていました。

H390の装着感はどうなのか?

実際に装着してみて分かるのは、ブームマイクの出来の良さですね。スムーズに取り出して、スムーズに収納できます。

マイクは口元に近づきすぎず遠すぎず(写真左)。スイベルマウント式のイヤークッションは、フィット感が良いです(写真右)。ただ、側圧はやや強めに感じます。

ただ、側圧強めということは、裏返すとしっかり固定されるということ。喋ってる最中にもズレるようなことはありませんでした。

実際に、H390をウェブ会議で使ってみたら……?

H390をウェブ会議で使ってみました。これまでワイヤレスヘッドセットを使っていたので、ひさびさに使う有線ヘッドセットです。

いきなり驚かされるのは音質の良さです。聞こえてくる音声がクリア!解像感があり、音に深みが出ています。ワイヤレスではまだこの音質は出ないですね……。やはり有線、聞こえ方がワイヤレスとは全然違います。ノイズキャンセリングマイクは雑音もなくクリアに聞こえるとのことでした。

手元にミュートボタンがあるのも便利でいいですね。会議中に他の人が話しているときも、すぐにミュートとミュート解除が行えます。

一方で、ちょっと気になったのはUSBケーブルの固さです。あまり柔軟性がなく、会議中にもちょっと邪魔な感じがありました。使っていくうちにベストなポジションを探るしかありません。

音楽用としてもけっこういいかも?

普段はヘッドセットとして使いつつ、音楽用として使うこともできます。iPadでも使えました。しかも、想像していたよりもクリアな音で深みがあり、低音の迫力も十分にあります。つまり、とても音がいいのです。

よくよく製品サイトを見てみると、左右に30mmのオーディオドライバーを内蔵しているとありました。どうりで迫力のある音が鳴るはずです。

ロジクール USB PC用ヘッドセット H390をレビュー

やはりヘッドセットは有線なのでしょうか……特に音質の良さは、ワイヤレスと全く違います。越えられない壁がありますね。しかも、何より、この性能で4,000円を切るのです。オススメしたいヘッドセットです。

ロジクール USB PC用ヘッドセット H390
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ヘッドセットであることを忘れる音の良さ
  • 約1.9mの余裕のあるUSBケーブル
  • ノイズキャンセリングマイクのクリアな音声
  • 手元でミュートと音量操作ができるインラインコントロール
デメリット
  • 側圧がやや強め
  • USBケーブルはやや固め

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX