\ 最大10%ポイントアップ! /

Hidizs MD4 インイヤーモニターイヤホンレビュー/宝石のような美しさ!バランスドアーマチュアドライバー4基搭載の高音質イヤホン!

  • URLをコピーしました!

有線イヤホンは“資産”だと思う

年々高音質化していく完全ワイヤレスイヤホン。その進化は新製品が出るたびに楽しみにしていますが……、進化の途中にあるため、陳腐化も早いです。数万円で購入した完全ワイヤレスイヤホンも、新型が出ればガタ落ち。買取価格の下落は目も当てられません。

一方で、確実にいい音を鳴らしてくれて、安定した性能を維持しているのが、有線イヤホンです。ワイヤレスと比べると取り回しの煩わしさはありますが、高音質だし、遅延もなく、挿せば使える分かりやすさもあります。どれだけワイヤレスが流行っても、有線イヤホンのお気に入りを1つは持っておきたいものです。

INDEX

Hidizs MD4をレビュー

今回紹介するのは、Hidizsのイヤホン「MD4」です。こちらがMD4のパッケージ、高級感があります。

Hidizs MD4 イヤホンはAmazon.co.jpで購入できます。

パッケージはわりと分厚いです。立方体に近いかも。

さて、開けてみましょうか……

開封からいきなり度肝を抜かれる……「宝石かよ……」

こちらがMD4です。なんか、高級感すごくない……?

ブルーサファイアかな?って初見で思ってしまうほど美しいハウジング。ゴールドのフレームが高級感に拍車をかけます。

いや、これ本当に宝石でしょ……美しすぎるんだけど……。

というわけで、すっかりビジュアルに魅了されたところで、中身を見ていきましょう。

付属品には充実のイヤーピース

こちらが、Hidizs MD4イヤホンの内容物です。MD4イヤホンに、レザー収納ボックス、イヤホンケーブル、交換用イヤーピース、クリーニングブラシ、説明書・保証書、となっています。

驚かされるのは、イヤーピースの豊富さです。サイズと特徴別に3種×3サイズあります。ボーカル重視、バス重視、バランス重視の3タイプですね。

Hidizs MD4イヤホンの外観をチェック

あまりの美しさに心を奪われてしまったMD4イヤホンの外観を見ていきましょう。

MD4イヤホンは、0.78mmの2pin端子を採用していて、付属のケーブル以外に、任意のケーブルに換装可能です。

アルミ合金製のノズルは大口径です。

上部には、DIPスイッチを備えています。これについては後ほど。

付属のイヤホンケーブルは、高純度銀メッキ純銅ミックスのケーブルを4芯組み合わせています。

付属のレザー収納ボックスには、ケーブルごと収まります。

ついつい余計に写真を撮ってしまいます。

MD4イヤホンは、DIPスイッチで音色の切り替えが可能

MD4イヤホンの特徴が、左右のハウジングに装備されたDIPスイッチです。

MD4は、このスイッチのオン・オフの組み合わせで、「バランス(1:ON、2:OFF)」「ウォーム(1:OFF、2:ON)」「トレブル(1:OFF、2:OFF)」「バス(1:ON、2:ON)」と、4つの音色を切り替えることができます。

次は、MD4イヤホンを装着してみます。

MD4イヤホンの付け心地は……?

MD4イヤホンを装着してみました。やや大ぶりなイヤホンですが、そのぶん耳の中にしっかり収まります。

一体成型されたハウジングの装着感は心地よく、耳の中にすっぽりと収まります。

それでは、いよいよ聴いてみましょうか。

MD4イヤホンを、XOドングルと組み合わせて聴いてみる

今回組み合わせたDACは、同社のゲーミングUSB DAC「Hidizs XOドングル」です。iPad Proに挿して、Apple Musicの音楽を聴いてみます。

ノーマル状態で聴くと、研ぎ澄まされた高音が量感を持って音を奏でます。美しいのはデザインだけじゃなく、内面もいい音を鳴らしてくれます。

刺々しさのない心地よいエッジと、どこまでも潜れそうな解像感が、より深い音楽の世界に誘います!すっごい、最高……!

ひとしきり聴き慣れてくると「もう少し低音が欲しいな……」と思いましたが、DIPスイッチを切り替えて「バランス」から「バス」に変えることで、イヤホンの種類が変わったかのように迫力のある音を出すようになりました。

他の音色にも切り替えてみましたが、私の耳でもしっかり聞き分けられるほどの、音の振り幅があります。4種類のイヤホンを持っているようなものです。

Hidizs MD4 イヤホンのまとめ

見た目に負けない美しい音を奏でてますよ……幸福感マシマシになるイヤホンじゃないですか……。いい有線イヤホンが一つ欲しい、という方にはオススメしたい!

Hidizs MD4
総合評価
( 5 )
メリット
  • 4つのDIPスイッチの組み合わせで音色が変わる
  • 美しいボディは最高
  • イヤーピースがたくさん付属している
  • ケースも多い
デメリット
  • (ない)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX