Chromecast with Google TV/フツーのテレビをスマートテレビに変える、YouTubeもネトフリもリモコンで使う!

  • URLをコピーしました!

HDMIさえあれば、スマートテレビになれるスゴいヤツ!

今回紹介するのはChromecast with Google TVです。Chromecastって聴くと、スマホの画面をテレビに映すやつでしょ?って思われるかもしれません。でも、このChromecastは、後ろの「with Google TV」が本命です。

テレビやモニターのHDMI端子に挿せば、スマートテレビになっちゃうスゴいやつなのです。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Chromecast with Google TVをレビュー

こちらがChromecast with Google TVのパッケージ。白のデザインに(Chromecast本体より)Googleロゴが目立ちます。

ちなみに、AmazonのFire TV Stickとめちゃくちゃ競合する製品ですが、ちゃんとAmazonでも売ってます。

パッケージを開けてみると、本体はきっちりセパレーションされた小箱に収まっています。

付属品は、電源用のUSBケーブル、専用リモコン、Chromecast with Google TV本体、USB-ACアダプター、単四乾電池2本、クイックスタートガイドとなっています。

こちらがChromecast with Google TVの専用リモコンです。上部は十字キーと決定ボタン、その下には各機能のボタンが並びます。中でもYouTubeとNetflixは専用ボタンが用意される厚遇ぶり。

専用リモコンには付属の単四電池2本を入れるんですが、この単四電池がなんと真っ白な専用デザインでした。こういう時は試供品としてよく知らないメーカーの製品を入れておくものなのに……それだけGoogleが力を入れているということですね。

こちらがChromecast with Google TV本体です。こちらも真っ白ですね。フラットケーブルの先にHDMI端子があります。

お餅のようなデザインのChromecast with Google TVにはGoogleの「G」マークが入っています。

HDMI端子はフルサイズなので、一般的なテレビではどれでも使えるでしょう。

Chromecast with Google TVの重量は、58.3g。

HDMI端子の反対側には給電用のUSB-Cポートがあります。付属のUSB-CケーブルとUSB-ACアダプターを使って動かします。HDMIに電源供給機能があれば、ケーブル1本で済むんですが、これはやむなし。USB PDとAlt modeの今後の普及に期待しましょう。

付属のUSB-ACアダプターは、最大7.5W出力ができる製品ですが、テレビに電源供給可能なUSBポートがあれば、このUSB-ACアダプターは不要です。(私はもともと使う気がありません)

今回、Chromecast with Google TVを使う目的は、ベッドルームプロジェクター NX1のため。詳しくはNX1のレビュー記事にて(作成中)

Chromecast with Google TVのまとめ

この手のスマートテレビ化デバイスは、AmazonのFire TV Stickが有名なので、ChromecastにAndroid TV機能が付いてもいまひとつマイナーな存在です。

しかし、本製品に内蔵されたAndroid TVは、SONYほか多数のテレビに採用されており、将来的にAndroid TV搭載のテレビを買うのであれば、ダウンロードアプリも含め、違和感なく移行することができます。とはいえ、Fire TV StickもChromecast with Google TVも機能的にはかなり似通ってきているので、そこはお好みで。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX