Peak Design モバイルトライポッド レビュー/マグネットでiPhoneの背面にくっつく!超コンパクトポータブル三脚!

  • URLをコピーしました!

iPhoneと持ち歩ける三脚orスタンドの最適解とは……?

iPhoneで写真や動画を撮るとき、スタンドや三脚を使いたい場面にたびたび遭遇します。三脚の付いた自撮り棒やMagSafeスタンドを使えばいいんですが、前者は常に持ち歩いている訳ではないし、後者はコンパクトながら角度や高さに制限があります。

私が考える、iPhoneの写真・動画撮影に使える三脚のベストプロダクトは、JOBYのグリップタイトマウント+マンフロットのPIXI Smartなんですが、これはこれで自撮り棒と同じく「常に持ち歩いているわけではない(かさばる)」なんですよね。

グリップタイトマウントは、MagSafeで取り外しやすいマウントです。三脚穴が使えるMagSafeマウントを使いたい方にはオススメです。

とはいえ、かさばらずに常備できる・iPhoneを立てられる、何か良いプロダクトはないかなと、ときどき思い出したように探していたんですが……今回は正解を見つけてしまったかもしれません。

INDEX

Peak Designのモバイルシリーズが正解っぽい。

今回紹介するPeak Designの製品は、クラウドファンディングで商品化されたもの。

モバイルシリーズと銘打たれた一連の製品の中に「モバイルトライポッド」がありました。なんとMagSafe対応ということで、一般販売が開始されたので、購入してみました。

こちらがPeak DesignのMOBILE TRIPOD(モバイルトライポッド)のパッケージ。クッション封筒でポスト投函してくれるくらい、スリムなパッケージです。

内箱は引き出し式です。

内容物は、ポーチ、MOBILE TRIPOD、説明書となっています。

こちらがMOBILE TRIPOD。ほぼカード状です。アルミニウム製なので、カード型とはいえ剛性は十分にあります。

右下にPeak Designのロゴがあります。

MOBILE TRIPODの背面には、iPhone側を保護するシリコンクッションが貼られています。中央に見えるのは、ボールヘッド調節用のピンです。

MOBILE TRIPODは薄いカード状ですが、横から見ると、やや先が薄くなっている楔形です。

アルミニウム製ということもあって、重量は78.0g。

iPhone 13 Pro Maxの背面に取り付けました。MagSafeでピッタリと吸着しています。

カード状なので、背面に貼り付けたままでも邪魔になりません。MagSafeで貼りついているので簡単に落ちることもありません。

それでは、MOBILE TRIPODの名が示すように、三脚を使ってみましょう。まずは、背面から3本の足をまるごと持ち上げます。

そのまま左右の脚を、前方に折り曲げます。

左右の脚が止まるところまで、曲げます。

この状態でしっかり立ちます。MOBILE TRIPODは、ボールヘッドだけでiPhoneを支えています。ケース込みで300g近い重量級のiPhone 13 Pro Maxでさえ、揺れることなく安定しています。

ただ、直立では使いにくいので、ちょっと倒します。

ボールヘッドが適度に締まっているので、無段階で調整できます。驚くのはこんな角度でも倒れることなく支えていること。(ただし、これ以上倒すと、iPhoneの自重でコケます)

MagSafeで吸着できるので、ランドスケープモードでも使えます。撮影のときでも、YouTubeやNetflixを観るときでも、使いやすい向きです。

背面を見たところ。接着剤でくっついているんじゃないかと思うほど安定しているんですが、もちろんMagSafeの磁力のみです。一瞬で付け外しができます。

ちなみに、三脚を広げずに、簡易スタンドとして使うこともできます。とにかく、三脚とiPhoneをつなぐボールヘッドがよくできているんですよ!

外付けキーボードを使ってブログを書くときにも高さがつけらるので、目線が上がってちょっと楽になります。

ちなみに、WordPress書くときはポートレートモード(縦画面)の方が使いやすかったです。

Peak Design MOBILE TRIPODのまとめ

MagSafeで手軽に取り付けられて、使わないときはカード状に格納できて、いざとなれば一瞬でモバイル三脚になるMOBILE TRIPOD。言うことなしの便利アイテムです。

iPhoneでミニ三脚が欲しい人にも、簡易スタンドが欲しい人にも、間違いなくオススメできる逸品です!(なお価格……)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる