\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

これ一つでUSB充電はほぼOK!Anker Nano II 45W レビュー/最大45WのUSB PD充電を可能にする第2世代!

  • URLをコピーしました!

MacBook用の充電器をコンパクトに持ち運ぶには……?

コロナ禍でテレワークが推進されたことで、自宅で仕事をする方も増えました。さらに、フルリモートではなく、オフィスワークとテレワークを両立する「ハイブリッドワーク」をされる方も増えています。

そうなると、自然とノートPCを持ち運ぶ機会が増え、これまでよりも荷物が多くなったり重くなったりします。最悪の場合、会社に充電器を忘れて、バッテリーの残量を気にしながら仕事をする、なんていうケースもあるかもしれません。

これまでのノートPCは専用の充電器が必要でした。

しかし、USB-CとUSB PDの普及に伴って、ACアダプターの共通化が進んでいます。今回紹介する製品は、スマホ用充電器のように小型で軽量ながら、ノートPCを充電してくれるUSB充電器です。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Ankerの新USB充電器「Nano II 45W」

今回紹介するAnkerのUSB充電器「Anker Nano II 45W」は、GaN(窒化ガリウム)を使用した第2世代に当たる製品です。GaNを使用することで、発熱が抑えられ、充電器の小型化が図れます。Ankerでは、第2世代の技術を使うことで、安全性を担保しつつ、これまでよりさらに小型化を推し進めたようです。

こちらが、Anker Nano II 45Wのパッケージです。

パッケージは見開きになっていて、Anker Nano II 45Wの特徴を図示しています。

中身は、Anker Nano II 45W本体と、ユーザーマニュアルになっています。

こちらがAnker Nano II 45W本体になります。こんなコンパクトさで、ノートPCを充電できる45Wの出力が出るとは、技術の進化ってすごいですね。

さらに、プラグは折りたたみ式。持ち運びにも便利です。同シリーズに一回り小さな30W版がありますが、そちらは折りたたみプラグではありません。惜しい……。

ただ、45W出力できるコンパクトなUSB充電器はAnker Nano II 45Wだけではありません。例えば同じAnkerでは、フラットなデザインのPowerPort Atom III 45W Slim(写真右)です。

Anker PowerPort Atom III 45W Slimのレビューはこちらから。

サイコロのような立方体のAnker Nano II 45W(写真左)と、名刺のようなフットプリントのAnker PowerPort Atom III 45W Slim(写真右)、どちらも折りたたみプラグ、USB PDで同じ出力が出せます。

ただ、重さでは少し差が出ています。Anker Nano II 45Wは67.8g。

Anker PowerPort Atom III 45W Slimは84.1gと、ちょっとズッシリしています。

Anker Nano II 45Wのまとめ

個人的にはAnker PowerPort Atom III 45W Slimのデザインが好きなんですが、Anker Nano II 45Wは技術もアップデートされており、軽くなっているので、どちらかといえばAnker Nano II 45W(写真左)がオススメですね。

とはいえ、給電性能は同じようなもの。最終的には収納する場所や設置する場所に応じて選ぶのが良さそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX