\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Qrio Hub Q-H1 レビュー/家のカギをオンラインにする?Qrio LockのWi-Fiターミナルを設置する

  • URLをコピーしました!

スマートロック Qrio Lockを導入した……が……

引越しを機に、玄関ドアにスマートロック Qrio Lock Q-SL2を導入しました。
https://www.makkyon.com/2020/03/22/qrio-lock-q-sl2/
しかし、Qrio Lock Q-SL2だけではBluetoothしか対応せず、遠隔操作ができません。となると、アレを買わねば……。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

Qrio Lockを遠隔対応するハブ

Qrio Lock Q-SL2と一緒に購入したのが、Qrio用のWi-FiハブとなるQrio Hub Q-H1です。

拍子抜けするほどあっさり設定できたので、軽めのレビューです。

Qrio Hub Q-H1をレビュー

Qrio Lock Q-SL2のパッケージとはまた違った、クラフト地に白い帯が巻いてある、趣のあるパッケージです。

開けたらすぐQrio Hub。

Qrio Hubと、リファレンスガイドが付属しています。

動作確認用のLEDと、Qrioロゴがあるだけのシンプルな真っ白いデバイスです。

ACプラグが出ていて、コードのないACアダプタ、といった雰囲気があります。なおプラグは折りたためません(持ち運ぶことを考慮する製品ではありません)。

とりあえず、コンセントに直挿しするだけ。Qrio Lock Q-SL2の近くで、Wi-Fiネットワークが届く場所に設置しましょう。

Qrio Lockアプリから、ネットワークの設定を行います。自宅のWi-Fiネットワークを指定して、接続できたら完了です。
遠隔操作が可能になるので、会社にいながら自宅の玄関の鍵を開けられる……という、なんだか恐ろしいこともできてしまいます。

まとめ

Qrio Lock Q-SL2単体でも、便利に使うことができますが、このQrio Hubを併用することで、Qrio Lockはようやくスマートロックとしての本領を発揮します。予算に余裕があれば、一緒に買っておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX