\ お買い物マラソン開催中! /

SPIGEN AirPods Pro Tough Armor レビュー/AirPods Proをゴツく仕上げるシリコンケース!

  • URLをコピーしました!

ゴツいAirPods Proケースを探す。

スリム・コンパクト・シンプルなAirPods Pro。気に入ってはいるものの、持ち運ぶときに滑って落としそうになってしまうのが難点。常に持ち歩くものだからこそ、やはりケースを付けたいもの。今回はゴツさ、をテーマに探してみました。

INDEX

Spigenのタフアーマーケースを購入

iPhoneケースなどでおなじみのSpigenから「タフアーマー」のケースが登場しました。製品写真でなかなかの重厚感を醸し出しています。

タフアーマーケースは、ブラック、チャコール、ミリタリーグリーンの3色がラインナップされています。今回はチャコールを購入してみました。

SPIGEN AirPods Pro Tough Armorをレビュー

Spigenのケースは、おなじみのオレンジがキーカラーとして配色されています。

中身は、ケースとカラビナ、マニュアルになっています。

タフアーマーケースは、上下のパーツに分かれています。

写真で見ると硬質な印象がありましたが、素材はシリコンのため、柔らかくできています。(ハードケースではありません)

AirPods Proに被せてみました。男の持ち物って感じになりますね。

上下のパーツの精度は高く、AirPods Proの充電ケースを開くと、綺麗に断面が揃っていることが分かります。

充電確認用のLEDも見えるようになっています。

底面のLightningポート周りは大きめに開いているので、たいていのケーブルは問題なく挿さるでしょう。

四隅も面取りされていて、保護されます。

唯一、AirPods Pro充電ケースの蝶番のある背面は空いています。ここは開閉ギミックがあるので保護することができません。

なお、AirPods Pro+タフアーマーケースの重量は83.7gあります。

AirPods Pro単体で56.2gなので、27.5gの増加になります。重さだけで見ると1.5倍になりますが、容積も増えているので、重くなったとは感じませんでした。

また、AirPods Proケースの多くがそうであるように、カラビナを付けられる穴が開いています。Spigenロゴ入りのカラビナが付属しているので、これを付けてみます。

さて、多くのAirPods Proケースには一つだけ問題があります。それを解決するのが、この付属のシールです。

実は、AirPods Proの充電ケースを開閉する際に、カバーのフタが取れやすくなるため、このシールを使って、カバーとAirPods Pro充電ケースを軽く接着してあげる必要があります。

青の剥離シートを剥がせば、両面接着が可能になります。

見た目には変わりませんが、これで充電ケースを開閉しても、カバーが外れることが無くなりました。
もちろん、タフアーマーケースを付けた状態でのワイヤレス充電も可能です。

シリコンの滑りにくさと、ゴツめの保護性能で、AirPods Proの保護はほぼ完璧です!

まとめ

Spigenは、スマホ用にもゴツめのケースをリリースしていますが、AirPods Proでもその路線でケースを出してくれました。落としてしまいがちなAirPods Proだけに、こういった保護性能を押し出したケースは心強い限りです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX