\ 最大10%ポイント追加! /

Satechi M1 Bluetoothマウス レビュー/軽量アルミでUSB-C充電可、Macに合わせたデザイン、リーズナブル。

  • URLをコピーしました!

マウス需要はまだまだこれから?

MacやPCを快適に操作するのに不可欠な機器といえば、マウスです。2019年秋に登場するiPad OSでは、iPadでもマウス操作を可能にするそうで、これからまだまだマウス需要は伸びそう。

INDEX

SatechiからMacカラーに合わせたアルミ製Bluetoothマウスが登場!

MacやiPhone向けに、優れたデザインの周辺機器を多数リリースしているSatechiから、アルミニウム製のマウスが登場しました。

リーズナブルな価格だったので、購入してみました。先日購入したSatechiのワイヤレスキーボードのレビューもどうぞ。

Satechi M1 Bluetooth マウスをレビュー!

こちらがSatechi M1 Bluetoothマウスのパッケージです。本当にマウス入ってるの?と疑ってしまうほど薄いパッケージです。

Satechi製品らしく、パッケージ側面にも製品イメージが伝わるようなデザインが施されています。クールですね!

今回購入したモデルは「スペースグレイ」モデルです。この名称を聞いてピンときたかもしれません。この他のカラーバリエーションとして「シルバー」もあり、MacBook/MacBook Air/MacBook Proに合わせたカラー展開を行なっています。

カラーバリエーションごとにパッケージのデザインを変えるのって、コスト増ですけど、それをこの金額帯の製品で行うのは、Satechiブランドとしてのプライドですよね。私は支持します。
パッケージの中身は、USB-Cケーブル、M1マウス、ユーザーマニュアルとなっています。

それでは、マウスの外観を見ていきましょう。

マウスの外観をチェック!

横から見てみます。なだらかな曲線を描く、半・卵型のマウスラインです。優雅で綺麗な曲線ですね。

上から見ると、ボディ部分とボタン・ホイール周りのパーツがツートーンで別々に成形されているのが分かります。シルバーの部分はアルミ、ブラックの部分はプラスチックです。そして、特に注目して欲しいのが、スクロールホイールです。

ホイールが格子状に突起加工されていて、指先で触れた際に、滑らかな凹凸を感じられます。回しやすいだけでなく、気持ちよく回せる加工が施されているのです!

指先が触れる左右ボタンには冷たいアルミニウムでなくプラスチックを、指で回さなければならないホイールには摩擦の少ない突起の加工を。人間の感覚が最も鋭敏になる指先に、負担にならない工夫をしています。これこそ“デザイン”ですね。
充電用のUSB-Cポートは、マウスの先端にあります。充電用の端子がここにあるのはメリットです。

なぜなら、充電しながら使ってもケーブルが邪魔にならないから。ただし、有線のUSBマウスとしては使えるわけではありません。(見た目は有線接続していても、充電はUSBポートから、マウス自体はBluetoothで繋がったままです)

実際に使う際には、マウスの両脇を指ではさんで使います。使い勝手はAppleのMagic Mouseに近いです。

底面には電源スイッチとペアリング用のボタンがあります。マルチペアリングではありません。

非常に軽量にできています。

重量は88.8gと、奇跡の8並び。(数値表示がバグっているように見えるのは気のせいです)

せっかくなので、他のマウスと比較してみましょう。

ロジクールとLofreeのマウスと比較してみる

今回比較したのは、大きさが似ているロジクールのM720(写真左)、LofreeのMAUS(写真右)です。こうして3つ並べると、M1マウス(写真中央)のスリムさが際立ちます。

各製品のレビューはこちらから。

各マウスの背後から見たところ。この角度から見ると、M1マウスが最もコンパクトで、綺麗な丸をしていることが分かります。

参考までに、各マウスの重さも測ってみましょう。乾電池で動くM720は135.4gと安定感のある重さ。

Lofree MAUSは98.2gと十分軽量ですが、Satechi M1マウスよりも10g重いです。

M1マウスの軽さ、コンパクトさが伝わったでしょうか?

使い勝手はどう?

MacBook AirにBluetoothで接続して1週間ほど使ってみました。

操作感は非常に軽く、長時間作業しても疲れにくいです。男性の大きめの手だと、M1マウスの両脇を掴んで操作する形になりますが、もともとが軽いため、さほど負担ではありません。

左右ボタンのクリック感はややチープな印象。ただ、使い続けているうちにどうでもよくなります。スクロールホイールは、やや重め。高速で回すのが好きな方には合わないかも。

そして、このM1マウスのいいところは、MacBook Airと一緒にカバンに入れてもかさばらないところ。薄い上に軽いので、一緒に持ち歩きたくなります。

モバイル向けでもあり、デスクでも普通に使える、“ちょうどいい”マウスだと感じました。

iPadOSでマウスが使えることに期待大

そして2019年秋には、iPadOSが登場します。このOSから、iPadでマウスが使えるようになると聞いています。

iPad Proと、SatechiのM1マウス、デザイン的にも相性が良さそうですし、一緒に持ち運ぶのにも向いています。

iPadOSがリリースされたら、改めて接続してみます。

まとめ

iPad Proで使えているような写真を載せてしまいましたが、秋には本当にこの組み合わせが実現しているはず。もちろん、現時点ではMacBookシリーズと組み合わせるのが最上の組み合わせでしょう。

いかにもPC然としたマウスが苦手な方は、デザインにこだわったSatechiのマウスがオススメです!(しかも、意外とリーズナブルなんですよ)

カラーバリエーションは、シルバーとスペースグレイ、ブルー、ローズゴールドです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる