Oculus

Oculus Quest レビュー!/ケーブルレスで動ける、触れる、世界が変わるVRゲーム機、登場。ライトセーバーオン!

Oculus Goに続く、ゲーム用スタンドアロンOculus登場

昨年、センセーショナルなデビューを飾ったスタンドアロン型VRゴーグルOculus Go。単体で使える汎用性と、2万円前後で買える低価格が話題となり、大ヒットしました。ヤフオクやメルカリでの中古価格が落ちていないあたりに、その人気のほどが伺えます。

そして、今年登場が予告されていた期待の大型新人、ゲーム用スタンドアロンOculusこと、Oculus Questがついに登場することになりました。

Oculus Questいよいよ発売開始

Oculus Questがついに発売開始となりました。直販だけでスタートしたOculus Goと異なり、今回はAmazon.co.jpでも販売となりました。

今回は、64GB版を購入しました。

Oculus Questをレビュー

パッケージはかなり大型で、PSVRを購入したときを思い出しました(それでもPSVRのパッケージの方が大型です)。ブラックのバックグラウンドに、パープルのライティングがかっこいいですね。

パッケージを開けると、Oculus Quest本体とコントローラーが収納されています。各種付属品は、左側の小箱に収められているようです。

こちらが内容物の一覧です。Oculus Quest本体に、スペーサー、USBケーブル、USB-ACアダプター、Oculus Touchコントローラー(L/R)となっています。

それでは、Oculus Questを詳しく見ていきましょう。

Oculus Questの外観をチェックする

Oculus Questを正面から見ると、ツルッとしていてシンプルなフェイスをしていますが、よく見ると、トラッキング用のカメラが四隅に装備されています。

天面はシンプルでボタン類はありません。ファブリック生地で手触りは優しいです。

充電用のUSB Type-C(以下、USB-C)ポートは左側面にあります。

左側面にはイヤホンジャック。

右側面にもイヤホンジャックがあります。そして、スリープスイッチはこちら側にあります(写真右)。

底面には、視差調整用のスライダー(写真左)と、音量調整ボタン(写真右)があります。

バンドはゴムではないので伸び縮みしません。マジックテープで長さを調整します。

Oculus Touchコントローラーには左右の区別があります。こちらはL(左手)側。握ったときに人差し指の位置にボタンがくるので、握れば分かります。

こちらはR(右手)側。LRのシールは簡単に剥がすことができます。

こちらは付属品のスペーサー。メガネをかけてプレイする際に、メガネのレンズがOculus Questのレンズに当たらないように取り付けるものです。メガネのアイコンがありますね。

こちらは充電用のUSB-ACアダプター。プラグは折りたたみ式ではありません。

USB-ACアダプターの仕様を見ると、出力は5V 3Aとなっており、最大15Wの出力ができるようです。

それではいよいよQculus Questを起動していきましょう。

Oculus Questをセットアップする

Oculus QuestのセットアップはすべてiPhone/AndroidのOculusアプリ上で行われます。このカバーを外す前にダウンロードしておきましょう。

基本的にはアプリの指示に従っていけば、セットアップは簡単に終了し、ものの数分で使い始めることができます(ただしアップデートが実行される場合あり)。

ヘッドセット一覧からOculus Questを選択し、セットアップを続けていきます。ログインにはFacebookアカウントが使用できます。(OculusはFacebookによって買収されています)

セットアップが完了したら、いよいよOculus Questを使っていきましょう。そこにあるのはこれまでのVRとは違う、「動けるVR」です。

一度、セットアップが終わってしまえば、あとはOculus Quest単体で遊ぶことができます。

First StepsでOculus Questの基礎を楽しく学ぶ!

Oculus Questの楽しさを教えてくれるのは、プリインストールされているチュートリアルアプリの「First Steps」です。


First Steps | Oculus
操作系が不安でも、このFirst Stepsをプレイしてしまうと、一気にOculus Questの世界にのめり込んでしまうこと間違いなしです。仮想空間の中でモノを掴み、投げ、押すという体験がいかに刺激的か、このチュートリアルアプリ1本で分かります。

友達に遊んでもらうときも、まずこのFirst Stepsを遊んでもらいましょう。確実に虜になるはずです。

また、Oculus Questを他人がプレイする場合、スマホ側の画面をミラーリングモードにして、指示してあげましょう。同じ画面を見ることができるので、寂しくありません。

Oculus Questを持ち運ぶためのトラベルケースが便利!

Oculus Questを購入したら、一緒に入手しておきたいのが、純正のトラベルケースです。

パッケージはなく、バンドが巻かれた状態で届きました。外観はソフトケースっぽいですが、頑丈なハードケースなので、しっかりOculus Questを守ってくれそうです。

中身はこのようにOculus Questの収納に特化した形をしています。

このようにOculus Quest本体とOculus Touchコントローラー2つが、綺麗に収まります。

外への持ち出しだけでなく、家の中の収納ケースとしても使いたいところです。

First Stepsの次に試してほしい!Oculus Questオススメアプリ

Oculus Quest用のアプリは、Oculus公式サイトやOculusアプリ内からも買うことができ、Oculus Quest上にダウンロードされます。

Oculus Goと異なり、厳選された有料アプリケーションが多いので、買う側も慎重に選びたいところ。ここでは、チュートリアルアプリFirst Stepsの次に試したいオススメのOculus Questアプリを紹介していきます。(なお、YouTube VRNetflix
Prime Video VRもリリースされているので、アカウントをお持ちの方は試してみてくださいね。

Vader Immortal: Episode I


Vader Immortal: Episode I | Oculus
おなじみ、スターウォーズの世界に入れるアプリです。ファンなら絶対に試してほしいこのアプリ。自分の手でライトセーバーを起動して、振り回せます。1作でも見たことがあるのであれば、ぜひ購入して、ダースベイダーと対峙してみてください。

Beat Saber


Beat Saber | Oculus
汗だくになること間違いなしの体感型ゲーム。2本のセイバーを振り回してリズムを刻もう!

東京クロノス


東京クロノス
Oculus Questの中では数少ない日本発のコンテンツ。本格的なVRミステリーアドベンチャーです。

狼と香辛料VR


狼と香辛料VR
こちらも日本発のOculus Questアプリ。アニメーションの世界に入り込むことができる新感覚のコンテンツです。

DMM VR動画プレイヤー

2019年12月に待望のリリース。えー、まあ、DMM VRということでお察しいただけると思いますが、ある意味、神アプリ。キラーアプリと言えます。アプリは無料です。アプリは無料です。大事なことなので2回言いました。
DMM VR動画プレイヤー

まとめ

Oculus Quest、控え目に言っても最高です。PSVRもすごかったですが、自分の足で歩き、自分の手で掴み、動く。映像だけでなく、自分自身が仮想空間の中に入り込んだ錯覚に陥ります。このプラットフォームを活用して、様々なコンテンツが広がりそうな未来が見えます。
価格としてはなかなか手が出しにくい価格帯にありますが、それだけの価値はあると間違いなく言えます。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
Oculus Quest
評価
51star1star1star1star1star
ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
iPhone 11 Pro Maxのまとめ


iPhone 11 Pro Maxにオススメのケースや、液晶保護フィルム、USB-C to Lightningケーブル・USB PDアダプタやeSIMなどの情報をまとめています。
iPhone 11 Pro Max周辺機器まとめ