\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

東プレ REALFORCE SA for Mac レビュー/ついにMacにREALFORCEが来たぞおおお!!!

  • URLをコピーしました!

ついに、東プレからMac用のREALFORCEが発売……!

2017年に東プレからコメントがありました。「Macレイアウトのキーボード」を展開する、と。REALFORCEに興味はあったので、Mac用が出るならば、と待っていました。

しかし、待てども待てどもアナウンスはなく……静電容量方式に興味が出てしまったので、Nizのキーボードを買って使ったりしていました。

そして……時は流れ、2019年。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

REALFORCE for Macを買ってみました

2019年4月、ついにREALFORCE for Macが発売されました。価格は……!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

……なかなかのお値段でしたが、思い切って買ってみました!

東プレ REALFORCE SA for Macをレビュー

これまでMac用のワイヤレスキーボードばかり買っていたので、パッケージの大きさに驚きです。初めてのREALFORCE、使ってみます!

今回購入したのは、REALFORCE SA for Mac(R2SA-JP3M-BK)です!

内箱は真っ黒でシックな仕上がりです。

開封します!

内容物は、REALFORCE SA for Mac本体以外に保証書、ユーザーズマニュアル、キートッププラー、一体型キースペーサー(2mm/3mm)が付属しています。

ユーザーマニュアルには、Mac用とWindows用のキー割り当てが書いてありました。丁寧に作ってありますねー。

こちらがREALFORCE SA for Mac本体です!REALFORCEとして見たことのない配色、新鮮です。

キーは、黒のキートップにゴールド印字のレーザー印刷です。レーザー印刷は昇華印刷と比べると耐久性が低いようですが、さてどうでしょう……

キートップのフォントは、Macに合わせたシンプルなフォントなのだそうです。

F16〜F19キーの下には、カスタマイズ可能なLEDインジケーターが並びます。

底面を見てみましょう。

USBケーブルは着脱不可の、直付けになっています。

ケーブルスリットは、左右側面と上側面の3方向から取り出しが可能になっており、利用環境に合わせた取り回しが可能になってます。ワイヤレスではないだけに、この配慮は助かります。

チルトスタンドを使わない場合の高さはこんな感じ。

チルトスタンドを立てるとかなり高くなります。なお、チルトスタンドの底には樹脂素材が使用されており、この状態でもズレにくくなっています。

有線キーボードなので、USB-Aコネクタで接続ができます。

MacBook Airで使うので、USB-C変換アダプターを使用します。

MacBook Airとこのように接続されました。シルバーの筐体に黒のキートップという点で、デザイン的にはぴったりです。

そして、REALFORCE for Macが出たことによる最大の恩恵は、この「Mac版 REALFORCE ソフトウェア」にあります。

東プレから純正のアプリが出たことで、Macからカスタマイズができるようになっています。

キー全体だけでなく、キーごとに細かく設定できるようになっています。これがREALFORCEか……!

やっぱり純正アプリケーションはいいですね。

テンキーレスモデルも発売開始!

Mac版のテンキーレスモデルも登場しました!

まとめ

購入したのは4月、それから1ヶ月ほど使ってますが、快調そのもの。記事作成のスピードも上がってきたように感じます。
とはいえ、ふだんからMacの背の低いキーに慣れているだけに、最初のうちはキーの高さに戸惑っていましたが、慣れると快適そのもの。これがREALFORCEの魅力なのですね。

これでワイヤレス版が出ればいいなと思ったりするんですが、まずはMac版が出たことを喜びたいと思います!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX