\ 楽天スーパーセール開催中! /

USB-C搭載iPad Pro 12.9をカバンで持ち運べるケースはどれだ?ナカバヤシのスリップインケースをレビュー!

  • URLをコピーしました!

iPad Pro用Smart Keyboard Folio買うべきか?

USB-Cを搭載した新iPad Pro 12.9を買ったんですよ。ホームボタンが無くなったおかげで、縦でも横でも違和感なく使えるんですよね。薄くフラットになったこともあり、タブレットとしての完成度がより高まったと感じます。

一方、プロ向け用途が強く意識されたことで、Smart Keyboard Folioの重要性が増しました。iPad Proの使い方はMacに近づいています。しかし、Smart Keyboard Folioの購入を躊躇してしまう最大の理由は「重すぎること」です。そもそもiPad Pro 12.9は633g(Wi-Fi + Cellularモデル)もあり、Smart Keyboard Folioが400gを超えるそうで、総重量は1kgを超えてしまいます。

MacBookを超えるような重量級のタブレットを日常的に持ち歩くのか?キーボードはMagic Keyboardを別途持ち歩く方が現実的なので、iPad Proを持ち運ぶためのケースを検討することしました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

実際に検討した、iPad Pro 12.9で使えそうなケース

ノートPC用のスリーブケースを流用する

元々はノートPCを持ち運ぶために作られたスリーブケースが、もっとも安全で安心と言えます。このタイプのものは、カバンの中でノートPCを保護するためにクッションがあり、飛び出さないようにジッパーで閉められます。

iPad Pro専用に作られたものは少なそうで、画面サイズが近い13.3インチタイプが使うことになるでしょう。

縦に入れるスリップイン ケース

タブレット用として人気があるのは、このスリップインタイプのケース。タブレットは、取り出した瞬間から使えるという利点があるので、すぐに取り出せてすぐに仕舞えるこのタイプは非常に利便性が良いです。

ナカバヤシのスリップインケースに注目

調べていくうちに、ナカバヤシの発売しているスリップインケースが充実していることが分かりました。
まずは、縦に入れられるタイプ。

そして、縦に入れられる上にポケットが付いているもの。

次は、横に入れられるタイプ。

そして、横に入れられてポケットが付いているもの。

MacBook Pro用で問題ない?

ナカバヤシのケースが良さそうだったので、ヨドバシカメラに行って実際に試してみることにしました。

ところが、あいにく店頭ではiPad Pro用が販売されておらず、どうしようかなと考えたのですが、前述のようにノートPC用のものも大きさが合いそうなので、Mac用品売り場に行ってみました。

試用させてもらったところ、13インチMacBook Pro用のケースが使えるようだったので、購入してきました。

ヨドバシカメラでの店頭販売価格は1,000円(税込)でした。安くないですか?

はい、MacBook Pro 13インチ用(2016モデル)です。

光が当たると光沢感の出る素材です。表面は滑りやすそうですが、背面がメッシュ素材のため、滑って落とすようなことは無さそうです。

開口部はスリットが深めになっていて、大きく開くようになっています。手前には落下防止のフラップがあります。

iPad Pro 12.9インチ(USB-C搭載)を収めることができます。背面ケース付きだと、ケースがやや突っ張る感じがあります。取り出すときにはケースを抑えながらだとスッと取り出せます。かえってこれくらいピッタリしているほうが、万が一の落下の心配をしなくて良さそうです。

なお、こちらのケースを取り付けた状態で収納できています。

iPad Proを収納後、フラップを前に持ってくることで簡易的に口を閉じることができます。

背面にはメッシュポケットがあります。中央にジッパーがあり、縦に開きます。

USB-C to Lightningケーブルなど入れられます。Magic KeyboardとUSBケーブル 2本まで収めることができました。

というわけで、iPad Pro 12.9インチをカバンに入れて持ち運ぶ準備ができました。

iPad Pro 12.9インチ用のスリップインケースが売られているのに、MacBook Pro用を買うという斜めな買い方をしてしまいましたが、店頭で試用できたのでこれはこれでアリですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX