レビュー

4K時代の自宅Wi-Fi!1階から2階へ通信するためにWG-2200HPを2台購入して超高速通信環境を構築。

テレビは4Kが当たり前?

家電量販店のテレビ売り場は今や4Kテレビが主戦場。わが家も、10年近くがんばったREGZAに別れを告げ、SONYの4K Android TVに買い替えた。圧倒的な解像度とテレビらしからぬモダンなインターフェースに非常に満足している(動作はもっさりしてるけど)。
ところで、そのAndroid TVにもガマンならない不満が……。それは、AmazonビデオやYouTubeといったストリーミング映像が時々コマ飛びすること。

4K時代の推奨インターネット環境とは?

同一LAN内で映像を送るだけのtorneでもコマ飛びが発生するので、これは宅内のWi-Fiに問題がありそう。
わが家のインターネット回線は2階から引き込んでいて、Wi-Fiを経由し1階のリビングにあるイーサネットコンバータでAndroid TVに有線接続している。実はこのイーサネットコンバータが、2.4GHzの802.11nまでしか対応していない。おそらくこれが問題のはず。それでは、いったいどれくらいの速度が必要なのだろうか?

Amazon Fire TV 4Kの説明にはこうある。

「20Mbps」が必要ではない。「最低20Mbps」が必要なのだ。これを下回ることなかれ。

そして、日本でのサービスを開始当初から4Kコンテンツを提供していたNetflixは「25Mbps」と更にシビアな表記をしている。

インターネット回線は光が必須、Wi-Fiは最低でも802.11acを使っておきたいところ。

自宅Wi-Fi環境を改善する

フロアをまたいだ速度低下

1Fと2Fで通信するには、LANケーブルを引き回すのが手っ取り早いけど、家中をケーブルが這い回るのはあまりにも不恰好。
ここはやはりWi-Fiで繋ぐのが適当だろう。今回はNECのAtermシリーズから、値段のこなれたWG2200HPを「2台」購入することにした。ハイエンドのWG2600HP2の価格で2台買えるのだ。

最大1.7Gbpsを謳うWG2200HP

WG2200HPは802.11acに対応し、その最大速度は理論値で1733Mbps。

親機、子機、中継機の3つの活用法

Atermに限らず、無線LANルーターは同じメーカーで組み合わせることによってネットワークを拡張できるものが多い(例外あり)。

このAterm WG2200HPも多分にもれず、「親機」「子機」「中継機」の3通りの使い方ができる。今回は2Fに親機、1Fに子機(イーサネットコンバータ)として使用する。

ちなみに、Atermシリーズは、パーツを組み替えることで縦置き・平置きの両方に対応できるものが多い。

設置場所に合わせて選びましょう。設定は難しくなく、考え方としては、無線LANルーターにスマホを繋ぐのと同じ。

23時台でも100Mbpsを出す

というわけで、これまで使っていた親機子機を置き換え。以前の環境のスクリーンショットを残していなかったのだけど、インターネットが最も混み合う23時時前後でも、およそ50〜70Mbpsだった速度が常時100Mbps超えをするようになりました。

圧倒的とは言えないけど、4K映像をストリーミングするには十分な環境が整いました。

Android TV BRAVIAの罠

これで、コマ飛びも無くなるぜ!と思ったのですが、あまり状況は変わらず。何気なくBRAVIAのスペックシートを眺めていたら、入出力端子の項目に思いがけない表記が……

「LAN端子(100BASE-TX/10BASE-T)」

んんん?ギガビットじゃない?

無線LANは「無線LAN機能 IEEE802.11ac/n/a/g/b」と表記されているので、わざわざ遅い有線LANに繋いでいたことになる……。イーサネットケーブルを抜いて、Wi-Fiに切り替えたところ、コマ飛びも無くなり……。

もはやホームAVにおいて、有線LANの時代ではないのだなと思いました。

ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
9/27(木)まで!【プライム会員限定】 音楽を聴くと500ポイントプレゼントAmazon Music Unlimited
+