マリオカート8の指痛い問題を解決する!Nintendo SwitchのJoy-Conグリップアダプターを2個1,199円で購入!

『マリオカート8 デラックス』ハマると指痛い問題

発表当時はまだまだ先だと思っていた『スーパーマリオ オデッセイ』のCMがたくさん流れるようになってきて、いよいよプレイできるんだなと楽しみにしているんですが、楽しみあまってわが家では『マリオカート8 デラックス』が再ブレイク中です。

しかし、マリオカートをプレイした方ならよくお分かりかと思いますが、熱中しすぎてコントローラーを握りしめる手についつい力が入っちゃうんですよね。

大人の手には無理がある

1台のNintendo Switchを使って、2人でプレイしようとすると、付属のコントローラーを分けて使うことになるわけですが……熱中して力が入ると、指が痛くわ、手がつりそうになるわで、修行でもしてるのかっていう気分になりますよね。

純正のハンドルアダプターを買おうかな、って思ったんですけど、Wiiのときに使ったやつは意外と使いづらかったんですよね。

ハンドルではない、コントローラーだ

任天堂の製品を使っておいて言うのもアレですけど、やっぱりゲーム機のコントローラーといえばプレステなんですよね。Amazonで探してみたら、それっぽいアダプターが売ってました。税込1,199円ですよ(購入当時)。ハズレてもいいので、快適にマリオカート8できるならと、とりあえず購入してみました。

外観レビュー

安っぽい中国製品が届くのかなって思っていたんですけど、ちゃんとしたパッケージでした。フォントの使い方に気を使っている感じがする。ただ、英語名で「Joy-Con Grip」と書いてあるのに、日本語で「Joy-Con(ジョイコン)ハンドル」と書いてしまっているので、これはやり直しですね。

中身は、Joy-Conをグリップ式のコントローラーに変換するABS製のアダプター。下に見える紙片は宣伝です。

セット方法はごくごくシンプル。コントローラーのくぼみに合わせて、Joy-Conをはめ込むだけ。SL/SRボタンのある方を先にはめ込むのがいいです。

はい、迷うことなく完成。左右に非対称のすき間ができますが、これは左右のJoy-Conでレールの位置が異なるためですね。不良品ではありません。

こちらが左のJoy-Con(キャプチャーボタンのあるほう)。SLボタン、SRボタンの押し心地が段違いにいいです。これでアイテム投げ放題だし、ドリフトし放題です。

こちらは右のJoy-Con(HOMEボタンのあるほう)。左手の親指がやや真ん中に寄ります。

Joy-Conを取り出すときは、くぼみから持ち上げるだけ。スッと取り出せるので、ストレスがありません。

まとめ

そんなわけで、快適なマリオカートバトルを繰り広げるために購入したJoy-Conグリップアダプターですが、超・快適にマリオカートがプレイできています。

安価で品質もよいので、小さいコントローラーでお悩みの方はぜひ!