\ ポイント最大10倍セール! /

Nintendo SwitchもMacBookも充電可!USB PD対応Anker PowerPort Speed 1 PD30をレビューします!

  • URLをコピーしました!

USB PDで、ACアダプターの共通化が進む!はずが……

2015年に登場したMacBookにUSB-Cが搭載されて、これでUSBを使った汎用的な充電が可能になると思ったわけですよ。

ところが、USB Power Delivery(以下、USB PD)に対応したACアダプタはなかなか出てこない。Apple純正のACアダプタに至っては、税別で5,200円ですからね。

これじゃMagSafe時代と状況はあまり変わらない。複数のUSBポートを持った据え置きタイプのUSB PD対応の充電器は増えてきたものの、1ポート・コンパクト・シンプル・プラグ格納式のUSB-ACアダプタがなかなか出てきません。昨年UGREENから出ましたが、惜しいことにプラグ収納式ではない……。

2016年あたりからAndroidスマホにUSB Type-Cが採用され始めたものの、これは端子だけの話でUSB PDとは関係なし。状況が変わってきたのは、Nintendo SwitchにUSB Type-Cが採用されてから。これはUSB PDを必要としていたので、対応製品がリリースされ始めました。

INDEX

AnkerからUSB PDに対応したACアダプターが登場!

AnkerからUSB PDに対応したUSB-C充電器がリリースされたと知り、購入してみました!いつものANKERパッケージ。ほぼ製品の大きさなので、かなりコンパクト。

中身は、PowerPort Speed 1 PD30本体、マニュアル類です。出力性能は、5V/3A・9V/3A・15V/2A・20V/1.5Aとなっています。

PowerPort Speed 1 PD30そのものは、片手にすっぽり収まるコンパクトサイズ。そうそう、このサイズ感が欲しかった。表面はマットな感じなので、指紋が目立ったりはしません。

MacBook用のUSB-C 29W電源アダプタ(写真左)と比較。厚さはほぼ同じっぽい。

底面積もほぼ変わらず。

ACプラグを出したときのスタイルもほぼ同じ。

重さは、0.7gしか変わらない。サイズ、重さ、ほぼApple純正品と同じといっても過言ではないです。

MacBook(12インチ)を充電してみます。20V出ており、USB PDで給電できていることが分かります(ほぼ30W)。問題ないですね。

システムレポートを見ても、30Wの充電器として認識されています。

なお、ケーブルはUSB PDに対応した製品を使っています(下記レビュー参照)。USB PD非対応の製品を使うと最悪発火などの事故を起こすことがありますので、必ず対応製品を使いましょう。

MacBookが充電できることが分かったので、次はNintendo Switchを充電してみます。

こちらはこちらで15V出ており、Nintendo Switchにも問題なくUSB PDで充電できています。

拍子抜けするほど、当たり前に使えてます。

ついに登場したAnker製のUSB PD対応コンパクトUSB-C充電器。外出先でMacBookを充電する際には、なんだかんだUSB BCでだましだましゆっくり充電してみたり、モバイルバッテリーを使ってみたりしていましたが、ようやくカバンの中に放り込んでおけるフル対応のUSB-C充電器が手に入りました。

Apple純正の充電器と変わらないサイズでリリースしてくれたことも嬉しいですね!

最大30W出力が可能なAnker製のUSB-C充電器まとめ

本記事で紹介した製品は2017年当時のもので、その後技術的なブレイクスルーもあり、USB PD対応のACアダプターは飛躍的な小型化を遂げています。ニンテンドースイッチへも給電可能で最大30W出力可能な、Anker製のUSB-C充電器を紹介します。

折りたたみプラグを備えたUSB-C充電器が、小型のPowerPort III miniです。

折りたたみプラグではありませんが、Apple純正の充電器よりも40%近く小型化されたUSB-C充電器がPowerPort Atom PD 1です。

スリムで携帯しやすくなったUSB-C充電器がPowerPort Atom III Slim 30Wです。

そして、最新のGaN IIを採用して作られたのが、Anker Nano II 30Wです。なお、折りたたみプラグではありません。(上位機種の45Wと60Wは折りたたみです……)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる