歩数計付き!AukeyのBluetoothスポーツイヤホン EP-B23をレビュー![PR]

Amazonを見渡せば有名メーカーから無名メーカーまで多種多様なBluetoothイヤホンが発売されています。そんな中で存在感を示そうとすれば、他にないデザインや機能で差別化が必要。今回レビューした製品はそういう意味ではかなりユニークな存在です。 ※本レビューにあたり、Aukey様より製品サンプルをご提供いただきました。 こちらがパッケージ。ぱっと見、耳掛け式のスポーツイヤホンですね。 交換用のイヤーピース、イヤーフック、MicroUSBケーブル、EP-B23本体、マニュアルになります。 EP-B23の本体はこちら。左右のユニットが太いきしめん状のケーブルで繋がっています。 耳に掛けて使うイヤホンなので、メガネの人にはちょっとかけづらいかも。反面、容易にズレないのも確かです。 充電用のMicroUSBポートは右耳側に付いています。 右耳ユニットの内巻き側にPLAY/STOPボタン。 ドライバーユニットは大口径のものが使用されています。 iPhoneにペアリングして聴いてみたところ、以前にレビューした同社のEP-B20と比較しても遜色のない音を出してくれました。少し大きめに鳴る印象です。
普段使いにも!AukeyのBluetoothスポーツヘッドセット EP-B20をレビュー![PR]
そして、こちらが注目の歩数計ユニット。左耳の外側になります。最初に自分の体重や歩幅を入力しておく必要があります。操作系に若干のクセがあるので、マニュアルを見ながら設定しましょう。 歩数計の電源は独立していて、左耳ユニットの底部にスイッチがあります。ここをONにすると、イヤホンの電源ON/OFFに関わらず歩数計が使えるようになります。イヤホンのバッテリーを共用しているそうで、歩数計用に電池を買う必要はありません。 外出時に使って、一日歩いてみました。iPhoneアプリのMovesで計測した歩数は10,898歩、ヘルスケアアプリでは11,509歩だったので、少し多めに計測される傾向にあります。ただ、歩幅の設定にもよるので、使いながら補正していくのがいいでしょう。あと、この数値はPCやスマホに同期されるわけではなく、あくまで独立した歩数計です。 なお、一点気をつけておいてもらいたいのは、体重や歩幅の設定値の単位が「ポンド」と「インチ」です……。Googleで検索すれば一発とはいえ、せめてマニュアルに換算表でもあればいいのになと思うのでした。しかも毎回設定しなければならない……。また、歩数計データはデバイス内で完結するため、保持しておくことができません。せっかくの付加機能なんですが、やや微妙な仕様です。 あくまでワイヤレススポーツイヤホン+歩数計という枠組み以上でも以下でもありません。そう考えると、スポーツジムでのトレーニングや、ランニングで使うのには手軽でよさそうです。一方、それ以外の用途ではスマホを組み合わせる方が、記録という点では有利です。適材適所なイヤホンだなと思いました。
Facebookでコメントする