\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

その存在感はモンスター級!22400mAhの超大容量でiPhoneなど3台同時充電可能なモバイルバッテリーをレビュー![PR]

  • URLをコピーしました!

小容量でも軽いモバイルバッテリーは日常的に、大容量のモバイルバッテリーは旅行や屋外でのイベント時(特に山手線一周ウォーキングなど)に持ち歩いています。
今回、EC Technologyの22400mAhという超大容量のモバイルバッテリー(製品ページ)をレビューする機会をいただいたので、この稀有な製品を見ていきたいと思います。
※レビューにあたって、EC Technology様より本製品をご提供いただきました。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

EC Technology モバイルバッテリー 22400mAhをレビュー

パッケージは持った感じ、とってもズッシリ。

パッケージを開けると、モバイルとしてはモンスター級の容量を持つ超大容量バッテリーが鎮座しています。

内容物は、シンプルにバッテリー本体とmicroUSBケーブル、マニュアルです。今回のバッテリーは、黒&赤のモデル。

側面には入力用のmicroUSBポート。パッケージを見ると、キーカラーの赤はオレンジに近い発色ですが、実際は濃いめの赤でした。

反対側には、電源ボタン。

電源ボタンを1回押すと、残量表示されます。LED1つ(0〜25%)、2つ(26〜50%)、3つ(51〜75%)、4つ(76〜100%)を示すようです。開封時に3つまで点灯しました。

出力ポートには、機器別にそれぞれiPhone、Samsung Tab、iPadの表記があります。それぞれ、5V/2A、5V/2.4A、5V/2.1Aの出力を持つので、該当機器に合わせて使い分けるのが良いようです。ポートの上にあるのは懐中電灯代わりになるLEDライト。マニュアルとは動作が異なるようで、電源ボタンをカチカチっと2回押すとLEDが点灯、さらに2回押すと強めの光で点灯します。さらに2回でSOSモード(点滅)となり、さらに2回押して消灯します。

iPhone 6s、Xperia Z3、iPad mini4を次々に接続してみたところ、いずれも充電状態に。同時充電可能というのはかなり心強い仕様です。

ちなみに、重量もモバイルバッテリーとしてはモンスター級。実測474.7gと、気軽に持ち運ぶ感じではありませんが、これを必要とするシチュエーションでは、間違いなく頼もしい存在になりそうです。

使ってみた感想

いいところ

スマホやタブレット単体ではとても使い切れない大容量、緊急時の懐中電灯として役立ちそうなLED、3台まで同時給電可能、といいところずくめ。ここまでのスペックを持ちながら、3000円台で買えてしまうのはバリューが高いですね。

惜しいところ

重さ、でしょうね。これは大容量バッテリーなら仕方のないところですが。あと、カバンの中に入れたままにしておくことが多いはずなので、持ち運び用のケース(巾着袋とか)あればいいな、とは思います。

まとめ

22400mAhを誇る超大容量といい、スマートデバイス3台をカバーする給電性能といい、まさにモンスター級のモバイルバッテリー。一台持っておくと、安心な存在といえそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX