Anker

ちょっと楽しい……7色に輝くAnkerのiPad Air 2用Backlit Bluetooth キーボードケースを暗闇レビュー!

iPad Air2用のケース一体型のキーボードは探しているものの、コレは!と思えるものに出会えなかったのですが、その長い旅もここで終焉を迎えそうです。

Amazonからいつもの箱よりも平べったい箱で届きました。底面積だけ巨大。

数あるAnker製品の中でも大きな部類に入る箱です。

折り畳まれた状態で梱包されていました。右端に充電用のmicroUSBケーブルが入っていますので、忘れずに取り出しましょう。

こちらが本体。iPad Air2を包み込むため、広げるとけっこうな大きさになります。

充電用のコネクタは右側にあります。

iPad Air2を取り付ける際には、ケースの右上と、iPad Air2の右下を合わせます。ホームボタンは必ず右側に来ます。逆では設置できません。この理由はのちほど。

あとは、ケースの左上に押し込むだけ。

裏返すと、ちゃんとカメラ穴も開いています。

折り畳んだ状態の厚さ。iPad Air2が2枚重なったような厚さでしょうか。男性が手に持って移動するにはちょうどいい厚さでもあります。一見すると厚めのノートパッドなので、iPadとは気づかれにくそうです。

ペアリングはファンクションキーとDeleteキーを押します。しかし、ここにちょっとした仕掛けが。180度開いた状態だと電源が入りません。

実はこのキーボードケースの仕掛けは、キーボード上部に仕込まれたマグネットラインにありました。ここがiPad Air2のスマートカバーのマグネットにくっつくことでキーボードの電源が入るのです。

これはもう論より証拠、動画にしてみました。iPadがキーボードに吸着すると電源が入る様子が分かります。

そして、このキーボード最大の特徴は7色に光るキートップ。キーボード右側にある照明ボタンと↑↓を組み合わせることで発色を切り替えることができます(普段はオフの状態にもできます)。部屋を真っ暗にして撮影してみました!明るさも3段階まで調整できます。下の写真は明るさを最大にしたもの。すごいカラフルw

光を順々に切り替える様子をVineにアップしてみました。切り替えはかなりテキパキしています。

使ってみた感想

いいところ

キーボードとiPad Air2の位置合わせがマグネットでカチッと決まるところ。スマートカバー用の仕掛けをこんな風に使うなんて、目からウロコでした。それでキーボードの電源まで入れてしまうのがすごい。最近のカバー付き・折り畳みキーボードは、開くと電源が入るのがトレンドですが、さらにその上を行っていました。

キーボード自体も、ある程度薄くしているわりには押し心地もよくて、キータッチしやすいです。

7色に光る機能が果たして必要かと言われれば、それは不要ですけど、こういう遊びの機能があるとやっぱり面白いですね。道具の楽しさってこういうところにあるのだと思います。

悪いところ

今のところこれといって気になるところはありませんが、しいてあげれば、キートップの幅が少し狭いところでしょうか。若干窮屈ですが、モバイルキーボードとしてはこんなものでしょう。

まとめ

iPad Air2専用のキーボードですが、ケース一体型で探している人には大本命とも言える製品です。新発売なのに価格もこなれているし、キーボードの出来もいいし、使う人のシチュエーションを考えてよく練られているので、使っていて楽しいキーボードだと思います。※この記事もこのキーボードを使って書き上げました。なかなか快適です。

気をつけたいのは、英字キーボードなので、普段日本語キーボードを使っている人には少し慣れが必要です。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!