Bluetooth

冬の必需品?or ただの珍品?Bluetoothスピーカー内蔵のビニー帽で寒い冬を乗り切れ!

ビニー帽という言葉に全く馴染みがなかったのですが、いわゆるニット帽のことでした。そんな正式名称だったのか。

ニットとBluetoothというミスマッチ感

Amazonのタイムセールに出ていて、ノリで買ってしまいました。なんとなく地雷臭はしてたんですけども。プチプチに直に包んであった。

名称はBluetooth Music Hatですって。ビニー帽と簡易マニュアルとmicroUSBケーブルが付属。

Bluetoothロゴが刺繍されている!もちろん、ボタン類も刺繍。このアナログ感ったら、なんだか新鮮。再生ボタンを押しっぱなしで電源のON/OFF。さらに長押しでペアリングモードになる。iPhoneとのペアリングも当然のように可能だ。

このコントローラ部分の下にはmicroUSBのコネクタがある。緩く穴が空いているだけなので、ケーブルを挿すには少し調整する必要がある。

その反対側にはスピーカーが入っていて、写真では何も見えないけど、そこには丸いスピーカーがある。

後頭部に当たる箇所に切れ込みがあって、コードを引っ張り出すことができた。これをたどっていくと……

スピーカー部分を引き出すことができた。飾り気のない……むき出しだ……。

裏のケーブルはテープでざっくり留められている。まあ……そんなものか。

使ってみた感想

いいところ

ニット帽(ビニー帽)とスピーカーが一体化していること、それに尽きる。コードは見えないし、実にスマートな外観だ。重いわけでもなく、被った感じも普通のニット帽。これでiPhoneからの音楽を流せるのだから、外出時にわざわざイヤホンやヘッドホンを持ち出すこともない。

悪いところ

予想できている人も多いと思うけど、音は悪い。ただ、この悪さはスピーカーに起因するものではなく、位置合わせによるものだ。左右の耳の位置にスピーカーがちょうど来たとしても、耳の穴を狙って音が出せるわけではない。当たり前のように音漏れする。試しに耳に押し当ててみたところ、可もなく不可もない音質だったので、これは構造上の問題だろう。

まとめ

音楽を聴くというよりも、ラジオとかBGMを流しっぱなしにしておく感じ。まあ、歩きながら耳を塞ぐのは危ないので、これくらいルーズに聴くほうがいいのかも。ほどほどの音量でね。
あと、このニット帽はやや大きい。FREEサイズの帽子が入らないほど頭の大きい自分でも、無理なく被れるのだからそもそも大きめなのかも。

なお、あまり気乗りしていない文章に感じるかもしれないけど、その通り。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
200ml以下の“小さい水筒”オススメ製品まとめ


バッグの中でかさばらない200ml以下の小さい水筒をまとめてみました。コーヒー専用から、キャラクターものまで個性的なボトルが揃っています。
200ml以下の「小さい水筒」オススメまとめ記事へ

本日5/25(土) は5のつく日!アプリで買えばポイント5倍!Yahoo!ショッピング
+