\ ポイント最大10倍セール! /

やはり純正ケースは美しい……!Apple純正iPhone 6sシリコーンケース – オレンジをレビュー!

  • URLをコピーしました!

6 Plusの頃は、Apple純正のレザーケースを使っていたんです。今回もレザーケースにしようかなーと銀座のApple Storeに行ってみたんですが……
結論から言うと、シリコーンケースのオレンジを買ってしまいました。

PRODUCT(RED)のようですが、光の当たり方によって赤く見えることもあります。この鮮やかさの魅力には抗えなかった!

レザーケースは密封された箱ですが、シリコーンケースはブリスターパックです。

ボケてしまって見づらいですが、「iPhone 6 およびiPhone 6sと互換性があります」と明記してあります。

ケースの内側にはエンボス加工で「iPhone」の文字。

裏面のAppleロゴは6用のシリコーンケースよりもくっきり見えています。指当たりは滑らかで、安いシリコンケースにありがちなゴムっぽい感じがありません。

「シリコーンケース」という名称から柔らかい素材をイメージしてしまいますが、硬いです。思い切りねじったつもりの写真ですが、全く曲がる様子がありません。

縁にかかっていますが、エッジスワイプを邪魔しないギリギリの感じです。

電源ボタンはシリコンが凸状になっています。

音量ボタンも同様に。消音スイッチ部分は開いています。

Lightningコネクタ周りは全開です。L字のイヤホンジャックだと挿さりにくいものがあったりするので、個人的にはこのように開いている方が好みです。

カメラ周りはさすが純正といった感じで、レンズ周りをピッタリと覆っています。

新色として増えたオレンジは、照明の具合によって、ときに赤っぽく、ときにオレンジの発色を見せる、他とは一味違ったシリコーンケースです。
色の好みは人それぞれですが、たまにはビビッドなものに挑戦するのもアリだなと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる