\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

明るさF2.0!MacユーザーにオススメなAUSDOMのFull HDウェブカメラをレビュー![PR]

  • URLをコピーしました!

MacBookを使っていて、不満なのが内蔵のiSightカメラ。液晶の上部にあるため、アングルの自由度がない。
また、MacBook ProやAirがFaceTime HDカメラ(720p)なのに、MacBookはただのFaceTimeカメラ(480p)。Retinaディスプレイなのに……。
この2つのポイントを改善するには、外付けのカメラを使うのが精神衛生上よさそう。
※本製品はGeDigitech-JP様よりご提供いただきました。

シンプルなパッケージ。

ウェブカメラ本体、マニュアル、ソフトウェア一式です。

カメラ前面。F値が2.0なので、明るい映像になりそう。

側面から。メタリックな質感で重そうですが、実際はかなり軽いです。

このカメラのポイントは、自由に曲げられるスタンド。ウェブカメラというと、どうしてもディスプレイの上に固定するイメージが強く、クリップ型に落ち着きがちです。

斜め上を向いた形で設置できるので、定点カメラのような使い方もできそう。

モニタの上に設置する際はスタンドを折り曲げて、モニタを挟み込むようにします。

この状態でも向きを変えられるので、アングルの自由度は高いですね。

それでは、肝心の画質を見てみましょう。これは、MacBookのiSightカメラで撮ったもの。液晶画面がどうしても上を向いてしまうため、天井が写り込んでいます。480Pなので、画質も最低限といったところ。画角は4:3。

次はAUSDOMのウェブカメラ。MacBookの上面に取り付けて、可能な限りiSightと条件を揃えています。それでも、画角の広さ(16:9)、画面の明るさなど、そもそもの基本スペックが違うので比較するのも申し訳ないほど。Full HDなので画面いっぱいに広げても破綻がありません。

唯一欠点を挙げるとすれば、マニュアルフォーカスである点。とはいえ、固定して使うものですから、一度フォーカスを決めてしまえば大きく変わることはないでしょう。その分、値段もお手軽ですし。
ウェブカメラを検討しているならオススメです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX