\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Xperia™ Store限定の「ウェアラブルステレオ Bluetooth®ステレオヘッドセット SBH80」をiPhoneで使う

  • URLをコピーしました!

iPhoneで音楽を聴いていると、悩ましいのがイヤホンのコードだ。長いコードか引っかかったり絡まったり、時折不便さを感じてしまう。

Bluetoothのワイヤレスイヤホンを探していたところ、SONYのSBH80という製品が発売された。
なかなかシンプルでよさそうだ。


APTX NFC対応 ソニーSBH80 ステレオ Bluetooth ヘッドセット

さて、こちらの製品は下記のストア限定。一択だと悩まなくていい。早速購入。

Xperia™ Store

http://store.sonymobile.jp/

注文日の翌日には発送されたので、けっこう早い。

それではさっそくレビューをどうぞ。

梱包箱からこんな状態。真っ黒の専用箱。さすがSONY。コストかけてるねえ。

ロゴにでかでかとXPERIAの文字。でもごめんね、Xperia持ってないし、そもそもiPhoneで使うんだ。

箱を開けると、SBH80の箱がジャストフィットしていた。自社商品だけだから、箱の規格をいくつかに絞っているのだろうか。

お待たせしました。こちらが「ウェアラブルステレオ Bluetooth®ステレオヘッドセット SBH80」です。名称長いな。

一応、箱裏のスペック表。気になる方はどうぞ。

名称長いと書いたけど、つまるところ「ステレオ Bluetooth®ヘッドセット SBH80」でいい。

開封。本体、microUSBケーブル、保証書、マニュアル。イヤーピースはS、M、Lが入ってます。

本体はこんな感じ。真ん中のバッテリーユニットから左右のコントロールユニットまで、多少曲げられるものの、半固定化されていて、イヤホンコードだけがぷらぷらしてます。
実際に装着してみると分かるんだけど、変に密着しないので付け心地がいい。

左側のユニット。再生・停止、送りと戻しができる。

右側のユニット。こちらは電話を受けるためのもの。ボリュームの上げ下げもここから。

中央のバッテリーユニット。

ここに電源スイッチとLEDインジケータ、microUSBコネクタがある。

USBケーブルを差すとこうなる。USBコネクタの蓋がゴム製なので、充電を繰り返しているうちに、いつかちぎれるのではないかと心配になる。
なお、フル充電まで2時間半かかるらしいので、少し休憩。

充電完了したので、次はiPhoneに接続する。
iPhoneとのペアリングは簡単。SBH80の電源ボタンを押しっぱなしにすれば、ペアリング可能になるので、設定画面から選ぶだけ。

早速音楽を聴いてみたのだけど…低音がスカスカ。
ジムで聴くにはいいかもしれないが、普段使いするにはちょっと厳しい。
そこで、イヤーピースを変えてみることにした。SONY純正のノイズアイソレーションイヤーピースというもの。1,000円以下で買える。

付属のイヤーピース(写真右側)と比較してみると分かりやすいのだけど、音が逃げないように、隙間が埋まっているのが分かる。
正式にサポートされている製品ではなかったけど、問題なく装着できた。

これに交換したところ、低音がしっかり効くようになった。
なお、複数台のペアリングに対応しているので、iPhoneとMacにもペアリングできました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX