トラブルシューティング

OS X Lionを導入後、Adobe CS3が動かないときの対処法

OS X LionからはPowerPC環境であるRosettaが動かないらしいので、PowerPCアプリケーションを調べてみると、騙し騙し使っていたアプリケーションが何本か出てきた。まあ、さすがに稼働年数も長かったので、これを機会に買い直すことにしてみた。
さあ、これで万全、OS X Lionにアップデートだ。…とインストールし終わった後で、togetterの不穏なページを教えてもらった。
これだ。

Togetter – 「OS X Lionで動かないアプリまとめ」

そう、Universalアプリケーションでも動かないものがあるらしい。
該当するものがあった。AdobeのCreative Suite 3。
Universalアプリだからと安心していたのに…。使用頻度も少ないし、CS6のタイミングで買い替えようと思っていたけど、CS5.5にするしかないのか。

ダメもとで試しにPhotoshop CS3を起動するとこんな画面に。

lion_cs3_1

そういえば、LionからJavaのランタイムが同梱されないとアナウンスされていたので、これがあればいけるんじゃないか。
で、見つけたのがLion用のJavaランタイム(62.53MB)。

lion_cs3_2

Java for OS X Lion

さっそくインストール(再起動は不要)。

lion_cs3_3

もう一回Photoshop起動してみる。…いけた。

lion_cs3_4

ちなみに、Illustrator CS3、Flash CS3、Dreamweaver CS3、Fireworks CS3の起動も確認しました。微妙に表示がアヤしい部分もあるけど、許容できないようであればアップグレードしたほうがよさそう。やっぱりCS5.5は見送るかなー。

終わってみればあっけなかったのだけど、ググってみれば意外にCS3使っててLionに出来ない人が多いようなので、お役に立てばとエントリーを上げておきます。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!