単三電池2本でiPhone4はどこまで充電できるのか?「USB出力 バッテリー充電器シリーズ DN-AABCU-W」をレビュー!

  • URLをコピーしました!

今回の震災、というより計画停電で、これまでにないほど乾電池やバッテリーに注目が集まりました。
iPhoneとて例外ではなく、停電時の情報取得手段として大活躍してくれる一方で、その駆動時間を伸ばすためには外部電源が必要。
となると、乾電池・充電池を使って充電できるのが最も汎用性が高いわけで。
探してきました。
税込299円という、食玩レベルの低価格のくせにiPhone4に充電可能という、ハイコストパフォーマーな充電器です。
それが、こちら↓

それでは、気になった方はレビューをどうぞ。
こちらがパッケージ、というかビニールに包まれただけ。もちろん、iPhone4やエネループは付属しません。

DSC00679

満充電したエネループ2本をさっそくセットします。

DSC00680

本体側面にあるスイッチを入れることで放電が始まります。

DSC00681

充電中は赤いランプが点灯します。

DSC00682

さあ、ここからが本題。用意しましたのは、残量が2%にまで減ったiPhone4。もう、使っててヒヤヒヤ。

IMG_0191

iPhone4に接続して、スイッチをON!無事に充電が始まりました。

IMG_0192

開始4分ほどで+2%。

IMG_0193

開始から約30分で+17%。順調に充電していっています。さあ、どこまでいけるか。

IMG_0194

約1時間で35%ほど充電されました。けっこういけるもんだなあと、しばらく放置していたところ…

IMG_0195

こんな表示になってしまい、充電状態が解除されてしまいました。ケーブルを繋ぎ直したり、スイッチを入れ直してみたりしましたが、状況は変わらず。

IMG_0196

エネループのマスコット・エネルーピーで計ってみたところ、どうやら電池切れのようです。

DSC00683

満充電のエネループ2本で35%ほどの充電ができる、ということが分かりました。我が家にあるのは、使い込んだエネループなので、みなさんのお手元にあるものだと、もう少し結果が変わるかもしれません。
本体に書いてある「EMERGENCY CHARGER(緊急充電器)」の名の通り、緊急用途には役立つツールですね。

DSC00684

過信は禁物ですが、軽くて小さいので、カバンに忍ばせておきたいツールですね。
単三電池ならどこででも手に入りますし、いざというときのためにDockケーブルとともに持っておくと安心です。
なにより安いというのは最大のメリットです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX