\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

中古iPhoneが買いやすい販売サイト「にこスマ」レビュー!1年保証ってホント??キーワードは“明確な基準・商品豊富・安心保証”[PR]

  • URLをコピーしました!

2023年はリユーススマホ(中古スマホ)の時代?

リユーススマホ(中古スマホ)市場が拡大しているそうです。

最近のスマホは情報端末として使うには十分な性能・速度に達していて、ハイエンドなゲームや8K動画撮影編集などの使い方でもしないと、贅沢な嗜好品に留まります。そうなると、コスパのいいスマホ=リユース品で安くてそこそこ性能があって綺麗なスマートフォンを選ぶ人が増える、というのは自然な流れと言えます。

リユーススマホは、買い替えの新たな選択肢として活用すべきですが、問題もあります。

最も懸念すべきは「保証」です。リユース品=中古品なので、1ヶ月保証が一般的です。保証が切れれば自己責任で、何かあれば有償対応です。せっかく安く買えたのに、修理でお金がかかっては本末転倒になりかねません。

ところが、今回紹介する「にこスマ」は“保証短すぎ問題”を解決してくれるのです……。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

リユーススマホの新しい買い方を提案する「にこスマ」

今回紹介する中古スマホの販売サイト「にこスマ」は、超大手総合商社・伊藤忠商事の関連会社である株式会社Belongによる運営です。安心感が漂う響きですね……。

本記事中のスクリーンショットは、2022年9月現在のものです。

にこスマの担当者さんから連絡をもらうまで、その存在を知らなかったんですが、いざアクセスしてみると、すごいしっかりしている。ahamoとかpovoを思わせる、分かりやすくてポップなイメージのトップ画面です!

サイトをいろいろ見てみると、初めて中古スマホを購入する人に向けた取り組みをしているようでした。

にこスマでのスマホの選び方は「オススメ」と「明確な基準」

これまで中古スマホといえば、買うのも売るのもある程度見極めのスキルが必要で、初めて購入する立場から見ると敷居が高めでした。買う側からして、まず難しいのが「何を買えば良いのか?」ということ。スマホ事情に詳しい人がいれば聞けば良いんでしょうが、そうそう都合よく周りにはいません。

その点、にこスマではリユーススマホのオススメ機種を前面に押し出しています。記事執筆時点(2022年9月)時点では、iPhone 8がオススメされていました。

iPhone 8は最新のiOS16に対応し、マスクでも問題ないTouch ID(指紋認証)で、ワイヤレス充電やSuicaも使えて、ケースもSE(第3世代)と共通で使えます。4.7インチのコンパクトな画面は、女性でも片手で扱いやすく、好ましいと考える方も多いでしょう。2017年9月発売ですが、十分な性能です。

価格的にリーズナブルなこともあってか、2022年8月のデータによればiPhone 8が一番売れているそうです。(下記プレスリリース参照)

買う機種が決まったら、次に確認するべき項目は何でしょうか?

それはやはり見た目、傷や汚れなどの状態ではないでしょうか?にこスマでは、スマホの状態を「中古Aグレード」「中古Bグレード」「中古Cグレード」の3段階に分類しています。この3つの違いは、サイト内で詳しく解説されていて、素人でもわかりやすくなっていました。

中古Aグレードは新品並みに綺麗で、Bグレードはそこそこ綺麗、Cグレードは傷があっても使用には支障がない、というレベルのようです。

それから、重要なのがバッテリーです。リユーススマホは、バッテリーが劣化していることがあり、本来の性能を発揮できないことがあります。にこスマでは、バッテリーの最大容量を「%」で表示してくれている上、バッテリーの容量順に並び替えてくれます。

スマホに搭載されているバッテリーは、充電を繰り返すうちに少しずつ劣化していきます。新品時点ではバッテリーの最大容量の100%が使えますが、劣化していくと物理的な最大値が減っていきます。(スマホ内での充電表示とは異なります)

バッテリーの最大容量は、使っていくうちにちょっとずつ劣化していくので、できるだけ多めのものを選んでおきたいところです。個人的には80%台後半ほどあれば、しばらくは安心というイメージがあります。

にこスマは、リユースiPhoneの在庫が豊富

にこスマのサイトを見ていて感じるのは、iPhoneの在庫の多さです。2022年9月時点では、なんと1万個近い在庫がありました。

比較的新しめのiPhone 12でも279商品ありました。

もちろんAndroidも数が揃えてあります。

にこスマの保証は、意外すぎる「1年保証」

リユーススマホで感じる、最大の怖さは「保証の短さ」です。新品であれば通常は1年保証、さらに延長保証をつけられることもありますが、リユーススマホは一般的に1ヶ月ほどしかありません。

そんな中、にこスマは驚きの1年保証を掲げています。正確には「無料返品交換保証」で初期不良品に限りますが、それでも安心感が全く違います。

参考までに「中古 iPhone」で検索して出てきた上位5サイト(販売事業者)の保証状況は次の通りでした。

サイト保証期間
イオシス未使用品6ヶ月、A〜Cランク3ヶ月
リコレ!(ソフマップ)1ヶ月保証
にこスマ1年保証
ゲオオンライン30日保証
パソコン工房10日・1ヶ月・3ヶ月保証

上の表を見ても分かるように、にこスマの1年保証は圧倒的に長いです!

にこスマのリユーススマホは、ネットワーク利用制限なし・キャリアフリー

ここまでに挙げた以外にも、にこスマの販売基準はとても分かりやすいものになっています。

例えば、リユーススマホでよく見かける「ネットワーク利用制限」という表記です。これは前所有者が、分割支払い中に支払いが滞って制限がかけられたものです。にこスマでは、ネットワーク利用制限がないものを販売しています。

また、SIMフリー・SIMロック解除済みのものしか販売しないので、どこのキャリア(auやドコモ、ソフトバンク、povoや楽天など)の契約でも使えるようになっています。

他社で販売されているリユーススマホであれば気にしなければならない、これらの項目も、にこスマではクリアーになっているので、悩む必要はありません。

にこスマは、スマホの買取にも対応している

にこスマでは、リユーススマホを販売するだけではなく、買取にも対応しています。中でも、Amazon.co.jpを経由した買取にも対応しているのは安心に繋がるのではないでしょうか。

買取金額をざっと調べてみた限りでは、最高値というわけでは無かったので、1円でも高く売りたいという方は他社サイトも含めて吟味してみてください。

にこスマから、リユースiPhoneが届きました

今回、にこスマ様からのご厚意でiPhoneを一台ご提供いただきました。どのように届くのか、一緒に見ていきましょう。

にこスマからの荷物は、宅急便コンパクトで届きました。にこスマ専用にデザインされた箱でした。ちゃんとしてますね。

専用シールで封印してあります。

中には送り状のほか、ahamoの案内などカラフルな同封物が入っていました。

にこスマの送り状には、SIMピンが貼り付けられていました。SIMカードを差し替える際に使うピンです。案内状と一緒にしておくスタイル、いいですね。

送り状には、にこスマの理念が丁寧に記されていました。

送り状の裏にはスタートガイドとして、リユーススマホを使う手順が一つ一つQRコードで案内されています。ちゃんとしてる。

iPhoneは、透明なビニールで底面に固定されていました。(ケーブルや充電器、イヤホンは付属しません)

提供いただいたのは、リユース品のiPhone 8です。どんな状態なのか見ていきましょう。

このiPhone 8は、Aグレード?Bグレード?……Cグレード?

iPhone 8を手に取ってみると「えっ、これ、リユース品なの??」と驚く綺麗さでした。

……とはいえ、よーく見るとちょっとずつ傷があります。

液晶画面側には、擦ったような痕がありました。ただ、ギリギリ液晶表示面にはかからず、光の加減でようやく分かる程度です。

iPhone 8の角には、どこかにぶつけたような小さな凹みがありました。

スピーカーの周りにもちょっとずつ傷があります。ただ、この程度は実用に全く問題ありませんし、ケースをつけてしまえば全く見えません。

ホームボタンやカメラなどは綺麗な状態です。

さっそく、最新のiOS 16にアップグレードしてみました。5年前のiPhoneとはいえ、最新のOSがスムーズに動くのは、さすがApple製品ですね。

最新のiPhone 14 Pro Max(写真左)と比べても、画面を最大輝度にしたときの明るさは十分あって、綺麗です。

SIMフリーのものしか販売していないので、適当なSIMを入れても動くという安心感もあります。

リユース品として考えると、傷はあるものの外装も悪くないし、画面も綺麗だし、バッテリーは最大容量で87%あったし、全然悪くない。さすがにAグレードってことはないでしょうが、Bグレードでしょうか。

特にスペックを聞いていなかったので、担当者に確認してみることにしました。

「これってBグレードってことでいいんですかね?」

「Cグレードです」

なっ……なんだって……

傷があるとはいえ、これだけ綺麗でもCグレードなのか……にこスマの基準はかなり厳しいようです。これは安心してオススメできますわ……。

ところで、1年を過ぎてトラブルが起きたら……?

にこスマで買うと、1年間の無料交換保証が付いているのは安心ポイントです。でも、スマホはもっと長く使うものです。それでは、1年を超えたときに考えられるトラブルは何でしょうか?

やはりバッテリートラブルです。すぐ電源が落ちてしまう、充電がすぐ減ってしまう、など経年劣化によって発生するトラブルはあるでしょう。iPhoneの場合は(有償になりますが)Apple公式のバッテリー交換サービスが利用できます。

2022年9月時点で、iPhone 6(2014年発売)のバッテリー交換に対応しているほど手厚いサービスです。いまiPhone 8を買ったとしても、3年以上は安心してもいいのではないでしょうか。参考までに、バッテリー交換費用は7,500円でした。(価格は変わる可能性があるので、都度確認してください)

にこスマは、素人にも優しいリユーススマホ販売サイト

スマホの事情に詳しい人は、リユーススマホの購入に抵抗はないのでしょうが、慣れていない人からすれば、リユーススマホの購入は注意すべき点が多くあります。サポートもさほど期待できません。

そんな事情に真っ向から向き合ったのが、にこスマでした。購入時の基準を明確にし、何を買えばお得なのかを推薦し、豊富な在庫で選択の自由を示し、1年保証で安心感を提供する、……書いてみれば当たり前のことですが、それを実現するには並々ならぬ熱意があったはずです。

にこスマであれば、「中古スマホを買いたい」という方に、「このサイトがオススメだよ」と薦めることができるでしょう。リユーススマホ市場をリードしていきそうな、にこスマの今後に注目です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX