\ 楽天スーパーセール開催中! /

SpinFit CP1025 & Adapter レビュー/優しい装着性で一日中付けられる!AirPods Pro用の本命イヤーピース!

  • URLをコピーしました!

SpinFitからAirPods Pro用のイヤーピースが登場!

SpinFitといえば、医療用シリコンを使用し、3Dクッション構造を採用したイヤーピースです。当サイトでも完全ワイヤレスイヤホン向けの「CP360」をレビューしています。

そして、今回ついに、あの製品用のイヤーピースが登場しました……。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

AirPods Pro用イヤーピース「SpinFit CP1025 & Adapter」

今回紹介するのは、SpinFitシリーズ初のAirPods Proモデルとなる「CP1025 & Adapter」です。……ところで「& Adapter」は何だろう?って思いますよね。そういった疑問も含めて紹介していきます。

※今回、SpinFit様より発売前の製品をご提供いただきました。
SpinFit CP1025の公式製品ページは下記になります。

SpinFit CP1025 Best Silicon Replacement Ear Tip for Apple Airpods Pro. Upgrade your listening experience with optimal comfort and secure seal.

SpinFit CP1025 – SpinFit CP1025

SpinFit CP1025 & Adapterをレビュー

AirPods Pro向けのSpinFit CP1025は全部で4サイズ展開しています。また、SpinFitシリーズをご存知の方ならおなじみ、サイズごとのカラー分けがされています。

このカラー分け、一目瞭然でいいですよね。

さて、AirPods Proは他の完全ワイヤレスイヤホンと異なり、装着方法がノズルではなくアタッチメント方式、さらにiPhone側から装着検知を行うという、難易度高めの仕様です。しかし、SpinFitはその独自性を活かしつつ、製品化にこぎつけたようです。

製品はブリスターパッケージになっており、中身が見えるようになっています。よく見ると、イヤーピース以外に白いパーツが2つ見えます。これが「アダプター」です。

製品のレビューに入る前に、パッケージの裏面を見ておきましょう。ここには、サイズの対応図が描かれており、AirPods Proのサイズを引き継げばいいことが分かります。

AirPods Proにはないサイズとして「ML」が用意されており「Mではやや小さい、Lだとやや大きい」という悩みに応えてくれる仕様です。

それではパッケージを開けていきましょう。

SpinFitのマニュアルは“中”にあり

ところで、パッケージを開ける際に気をつけていただきたいことがあります。それは「丁寧にはがす」ということ。なぜなら、SpinFitのマニュアルはパッケージの中に印刷されているエコ仕様だから。

向かい合わせにも印刷されています。

まあ、それでも破ってしまうことはあるでしょう。しかし、マニュアルが見えなくなるほどに破ってしまった場合でも問題はありません。なぜなら……

SpinFit公式の取り付けYouTube動画があれば安心!

SpinFitの公式YouTubeチャンネルで取り付け方法が詳しく解説されているのです。

……というわけで、この動画1本あれば解説は事足りてしまいますが……製品レビューを続けましょう!

SpinFit CP1025 & Adapterは浮遊感のある美しさ

全サイズをパッケージから取り出してみました。綺麗ですね!

1サイズあたり、CP1025イヤーピースが4個、そしてアダプターが2個が入っています。

簡易ケースから取り出して並べてみました。

AirPods Pro用でもしっかりと3Dクッション構造が維持されているので、横から見るとリングが浮いているように見えます。

実際に使用するときは、CP1025イヤーピースとアダプターを1セットとして扱います。

AirPods Proの純正イヤーピース(写真右)と並べてみました。純正品は1つのパーツで構成されていますが、SpinFit製品はCP1025とアダプター(写真左)という2つのパーツで構成します。

上から見ると、CP1025イヤーピースは正円を描いていますが、アダプターはAirPods Proのコネクターに合わせた楕円形になっています。

アダプターには細かいメッシュのダストガードが付いており、AirPods Proへの耳垢の侵入を防いでくれます。

アダプターは途中がくびれており、ここにCP1025イヤーピースのリングを固定することになります。

次にCP1025イヤーピースを斜めから見てみます。リングの部分が伸縮するため、アダプターの楕円形に合わせて変形します。

CP1025の軸が耳孔の形状に合わせて曲がるため、快適な装着感と高い遮音性をもたらしてくれる、というわけです。

CP1025 & AdapterをAirPods Proに取り付ける

前置きが長くなりましたが、AirPods Proにアダプターを取り付けていきます。このとき、アダプターにあるドットと、AirPods Proの黒い部分が一直線に並ぶように取り付けます。

次に、アダプターのくびれにCP1025のカラーリングをねじ込んで取り付けます。

CP1025の傘をめくると、このようになっていればOKです。

AirPods Proの左右に、アダプターとCP1025を取り付ければ完成です。

もちろん、充電ケースへの収まりも問題ありません。CP1025はサラッとした柔らかいシリコンでできているので、取り出すときに張りつくこともありません。

実際に使ってみると、Apple純正品よりも優しく、まるで付けていないような自然な装着感を実現してくれます。さすがのSpinFitクオリティー。AirPods Pro用のさまざまなイヤーピースをレビューしてきましたが、これは最高の装着感です。

さらに、音の通りもよくなったのか、AirPods Proを外部音取り込みモードにした際、AirPods Proを付けているのに何の差し障りも無く日常会話ができます。

AirPods Pro自体の外部音取り込み自体、素晴らしい機能ですが、CP1025を装着することで、わずかな違和感も取れた印象があります。次に、各サイズのイメージを見ていきましょう。

SpinFit CP1025 & Adapter <Sサイズ>

Sサイズはピンク系の色。パウダーピンクといった色合いでしょうか。

装着時のイメージも優しい印象になります。

充電ケースに収納した状態です。

さしずめ女性向けのサイズ感、色合いといったところでしょうか。

SpinFit CP1025 & Adapter <Mサイズ>

続いてMサイズです。Mサイズはベビーブルーといった色合いです。こちらも淡めです。

Sサイズと同様に、優しい印象があります。

充電ケースに収納した状態です。

中性的な印象を受ける色合いです。

SpinFit CP1025 & Adapter <MLサイズ>

AirPods Pro純正にはないサイズのMLです。ミントグリーンとでもいうべき色合いでしょうか。

こちらもMサイズと同じような中性的な印象を受けます。

充電ケースに収納した状態です。

MサイズとMLサイズはどちらも似たような印象を受ける色合いです。

SpinFit CP1025 & Adapter <Lサイズ>

最後にLサイズです。こちらのブルーはちょっと強め。マリンブルーの色合いです。

青が濃いめに出ているので、元気な印象が出ます。

こちらは充電ケースに収納した状態です。

Lサイズは力強い、男性的な印象を受ける色合いです。

まとめ

AirPods Proの特殊なイヤーピースの形状の中、どうやってSpinFitの特徴を実装するのだろうと期待半分、疑問半分で待っていましたが……。

しかし、そこはさすがのSpinFit、スマートな方法でAirPods Proへの装着を可能にしてしまいました。つけ心地は最高で、一日中付けていても全く苦にならない「優しさ満点のイヤーピース」です。

AirPods Proを快適に使いたいなら、SpinFitは激しくオススメです!

AirPods Pro用イヤーピースの記事一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX