\ 最大10%ポイント追加! /

MILスペックでカラビナ取付可!iPhone 7 Plusケース ROOT CO.のGravity Shock Resist Case Proをレビュー!

  • URLをコピーしました!
INDEX

iPhone 7 Plus用のゴツいケース?

iPhone 7 Plusは本体重量がけっこうあるので、ケースはなるべく軽くて薄いものを選びがち。でも、Torque 03などのゴツかっこいいスマホなど見てしまうと、無骨なオトコデザインに惹かれてしまうのです。

ROOT CO.のケースを発見

iPhone 7 Plus用のケースを探していたところ、なんとも鮮やかな色合いのケースを発見。iFaceのようでありますが……ちょっと、いや、かなり違うようです。

遅れてやってきたPlus用

こちらのケース、見つけた当時にはiPhone 7用は存在していたのですが、iPhone 7 Plus用は発売していませんでした。ところが、リクエストが多かったのか、8月にPlus用が発売されたのです。

購入、レビュー

前面がクリアーになったパッケージに収められています。鮮やかなカラーが多いケースなので、映えますね。

ケース本体と簡易マニュアルの他に、Appleロゴ周りの予備パーツが付属しています。

iPhone背面のAppleロゴを見せるタイプのケースはあまり好きになれないのですが(ただくり抜いただけのものが多いため)、このケースはロゴ周りをカメラレンズのように処理することで、デザイン上のアクセントになっています。※クリアーパーツが入っているので、ロゴがそのまま露出することはありません

ケースの内側には、メーカーのエンブレムプレートが貼り付けてあります。

Gravity Shock Resist Case Pro単体の重さは、82.6g。これだけでも軽量スマホに匹敵する重さがあります……。想像はしていたものの、こうして数値になると若干ヒキますね。

それでは、iPhoneに装着してみましょう。

iPhoneに装着

iPhone 7 Plus(ジェットブラック)に装着してみました。

iPhone 7 Plus自体がそもそも大きいですが、さらに巨大に。男性の手にも余る巨大サイズ。

iPhone 7 Plus+Gravity Shock Resist Case Proで、重さはなんと282.4g。300gの大台に肉薄してきました!

ケースの側面を見ていきます。右側面のスリープボタン(画像上)、左側面のマナースイッチと音量ボタン(画像中)、そして、スピーカー・Lightningポート(画像下)となっています。安いケースはこのスイッチ部分にクリック感が足りないものが多いですが、このケースは気持ちよく押せます。なお、ストラップホールも付いています。

ケース自体に厚みがあるものの、メインカメラ周りは深くくりぬかれているので、問題はありません。

ケースとしての性能はまったく問題ありません。

アウトドア・デザイン

MIL規格(ミルスペック=米軍が調達する物資の規格・評価のガイドライン)に準拠した製品ということで、質実剛健なケースに仕上がっています。

このケースの最大の特長はカラビナが取り付けられること(カラビナは付属していません)。これがあるだけで、アウトドア感がグッと増します。強く引っ張っても大丈夫。

ナット留めされたようなデザイン(デザイン上のアクセントになっているだけで、実際のナットではありません。)

車のバンパーのような造形。

極めつけは、やはりこのAppleロゴ周りのデザイン。カメラレンズのようなデザインですが、ジェットブラックのためか、潜水艇の覗き窓のようにも見えます。

テーブルに置くときは画面を下にして、ケースそのものを見せびらかせたくなるデザインです。

マグネットスタンドにも取り付け可

さらにこのケースはメタルプレートを内蔵していて、マグネットスタンドに吸着させることもできます。車でも簡単に使えます。

カラーバリエーションあり

ちなみに、イエローを選んだのは、愛車のハスラーと色を揃えようと思ったため。Amazonの写真ではオレンジイエローっぽかったんですが、実物はレモンイエローに近い感じでした(自然光や照明によって印象は変わります)。なかなかピッタリの色というわけにはいかないですね!(どちらも気に入ってますけど)

カラーバリエーションもたくさんあるので、お好きな色をどうぞ!レッドやブルーも鮮やかでよさそうだし、カーキはいかにもアウトドアって感じの色でいいですよね!

まとめ

ひさびさに心躍るiPhoneケースに出会いました。1ヶ月ほど使ってみて、会う人会う人に「デカっ」「重っ」と言われますが、いいんです。それでも自分が気に入っているので。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる