\ 最大10%ポイント追加! /

なにこのギリギリ感……骨組みだけのiPhone 7 Plusケース、NillkinのBARDEをレビュー!

  • URLをコピーしました!

いろいろレビューしてると、たまにキワモノに手を出してしまうんですが、意外や意外、とても良くできてたケースだったお話です。

パッケージは、銀素材&クリア素材でスタイリッシュな感じです。

透明パッケージから一部見えちゃってるパーツが、ガンダムの強化パーツに見えてしまうくらいにはガンプラにハマってましたよ、昔。

パッケージ開けてみましたが、初見でiPhoneケースだと分かる人は変態か、メーカーの人ですね。パーツ一式と、ビス8本(うち予備が4本)、小型ドライバー、マニュアルです。

パーツ一式の重さは、わずかに45g。金属製とはいえ軽いです。

それでは、早速取り付けに入りましょう。まずは位置合わせですが……

「金属パーツをビス留めなんかしたら、iPhoneが傷つくのでは?」と考えてしまうあたりが、iPhoneのリセールバリューの高さを示していますね。大丈夫、本体に触れる部分には緩衝材が貼ってあります。

ビスが通る内側にも。擦れて傷が付く心配は無さそうです。

微妙な位置合わせをしたら、軽くビス留めしていきます。

四隅に取り付けたら完成です!ガッチリとビス留めしたので、iPhoneと一体化して外れません。

骨組みのようなiPhoneケースとはいえ、落下時にぶつけがちな四隅はしっかりガード。

カメラ周りも問題なし。

背面の金属パーツは、四隅のパーツによって、iPhoneから浮いた状態になっています。

これだけ空いていれば、うっかり擦れてしまうことはないでしょう。

Lightningポートや、スピーカー周りはもちろんちゃんと開いています。

このケースの特徴として、背面にフィンガーリングが付いていることが挙げられます。

このリングがかなり固くて、持ち上げるのもちょっと力がいります。

とはいえ、一度持ち上げてしまえば、がっちりホールドできます。

リングに指をかけた状態でiPhoneを正面から見てみると、四隅に金属パーツが見えるだけで、何も付けてないみたい!

そして、リングの固さゆえ、縦方向のスタンドとしても使える(容易に曲がらない)という利点もあります。横方向のスタンドとしてはもちろん問題ありません。

iPhoneは裸で持ち歩きたいが、大事なところは守りたい、極小マイクロビキニのようなiPhoneケースです。

まとめ

makkyon
やたら巨大なシリコンケースも流行っていますが、アンチテーゼとしても、十分にインパクトがあります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX
閉じる