ニンテンドースイッチの液晶保護ガラスフィルムもやっぱりAnker!2枚セットでお得!

USB Type-Cを採用していたり、USB PowerDeliveryに対応していたり、どことなくタブレットっぽかったりと、スマートデバイスらしさを持っているNintendo Switch(以下、スイッチ)。
スマートデバイスであることを象徴するように、Ankerからも強化ガラス液晶保護フィルムがリリースされました。

iPhoneの液晶保護フィルムと同様のパッケージです。「for Nintendo Switch」とiPhoneでもiPadでもない記載があるのは新鮮です。

強化ガラス液晶保護フィルムが2枚と、クリーニングキットも2セット入っています。これは地味に嬉しい。これまでフィルム2セットはあっても、クリーニングキットは1つだけ。2枚のうち1枚はあくまで予備という認識でした。でも、2セット入っていれば友人とシェアして費用を折半することもできます。

クリーニングキット一式には、不織布、アルコールシート、ステッカー各種(リフティングステッカー/ダストリムーバルステッカー/ヒンジステッカー×2)となっています。これが2セット。

強化ガラスフィルムには、切り欠きがあるので、方向を間違わないようにしましょう。

位置合わせをしたら、ヒンジステッカーを貼って固定します。

リフティングステッカーを貼って、静かに持ち上げましょう。アルコールシートで拭いて、不織布で拭き取って、ダストリムーバルステッカーで細かい埃を取り除きます。慎重に。

あとは、ガラスフィルムから剥離シートをはがして、静かに画面に置きます。そっと指で押すとスーッと吸着するので、空気が入っていたら慌てて剥がさずに押し出しましょう。ガラスフィルムなので、少し厚みがあります。

フィルムを貼る前よりも、画面が綺麗になったような気がします(個人の主観です)。というわけで、スプラトゥーン2の先行試射会に参加してきます!

なお、シェアせずにフィルムが余った場合は、スイッチの元箱に入れておくのがオススメです。いざ貼り直すときに、分かりやすいかと。ちなみに、かなりピッタリサイズのため、無理に押し込まないようにしましょう。

そんなわけで、Ankerも参入したニンテンドー スイッチのエコシステム。ゲーム周辺機器メーカーだけでなく、今後はPC・スマホ周辺機器メーカーの参入も期待したいところです。

ABOUTこの記事をかいた人

都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!