5,000mAhで2,000円以下!Anker製の持ちやすいスティック型モバイルバッテリーPowerCore 5000をレビュー!

これまでたくさんのAnker製品レビューを書いておきながら、バッテリーのレビューは初めてなんですよね。

12月に実施されたAnker Rewards 2016でPowerCore5000をいただきました。ポーチ付きの円筒型モバイルバッテリーです。マニュアルと、PowerCore5000本体、給電用のMicroUSBケーブル、携行用のメッシュ状ポーチが付いています。

円筒の上面には出力用のUSB-Aポートと、入力用のMicroUSBポートが備えられています。

こちらが側面。左から、バッテリーの残量を示す3段階のLED、出力を開始するためのボタン、となっています。

重量は、132.8g。手に持った感じ、コンパクトですが、ひんやりずっしりした質量を感じます。

円筒の直径は3.22cm。女性の手でも無理なく握れるサイズ感です。

高さは10.68cm。スティック型ですが、長すぎないサイズ感です。

ポーチはPowerCore5000をすっぽりと包み込むので、巾着をしっかり絞っておけばこぼれ落ちることもありません。

円筒状のモバイルバッテリーって、iPhoneと一緒に持っていると持ちにくいなと思っていたんですが、カバンの中に入れておく分には収まりがよくて、場所を取りません。このタイプのバッテリーに対する見る目が変わりました。

この記事を保存&シェアするなら……

ABOUTこの記事をかいた人

都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!