\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

aptXに対応したAnker製Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundBuds Sport IE20」をレビュー!

  • URLをコピーしました!
INDEX
Google Workspace
Google Workspace

AnkerのaptX対応Bluetoothイヤホン

AnkerからaptXに対応したワイヤレスイヤホンが新発売になったと聞いて、早速購入してみました。iPhoneはaptXに対応していないので、恩恵は少ないかと思いきや……。

Amazonからはクッション封筒で届きました。最近のこの手の封筒は、開け口が付いていて便利ですね。

おなじみのAnkerパッケージです。

付属品がたくさん入っております。イヤーピース、イヤーフックが複数、マニュアルとマイクロUSBケーブル、そしてケースに入った状態のSoundBuds Sport IE20本体になります。

今回購入したのはホワイトモデル。

左右のユニットには、ANKERのロゴ。メタリックで美しい仕上がりです。

実はこのロゴ部分が、マグネットでくっつくようになっていて、さらに電源のON/OFFも兼ねているという便利な機能を持っています。(ただ、カチッとハマる感じがなく、ただくっついてるだけなのでモヤッとします……)

また、イヤーピースとイヤーフックは交換式になっています。

このように分かれます。イヤーフックは一度取り外すと、再度取り付ける際に向きが分からなくなりました……要注意。

付属のイヤーピースは2種類。

湯のみ型とおわん型ですね。

耳の形、大きさに合わせて選べるように、イヤーフックは3種類、イヤーピースは6種類も入っています。イヤーピースは、サイズによっては取り付けに苦戦するものがありました。

コントローラーは、触ってわかるようにアイコンが凸状になっています。

付属しているケーブルクリップで余っているケーブルを留めることで、ブラつかなくなります。

AnkerのBluetoothイヤホンの前モデルSoundBuds Sportと聴き比べしてみます。

前モデルは、音質がクリアなものの全体的に音が軽め。低音に関してはかなり控えめです。一方で、新モデルのIE20は音に厚みがあり、音域も広く、普段使いとしても(Bluetoothイヤホンとしては)音質がいい部類にあることが分かります。(aptXに対応しないiPhoneでも実感できる音の良さでした。)

まとめ

新モデルは音質が向上、イヤーフックやイヤーピースも多く付属し、3000円台で買えるBluetoothイヤホンとしては充実した内容になっています。
一方で、違和感があったのは「これはAnker製品だろうか?」と感じた点。ピタッと固定されないマグネット、位置の定まらないフニャっとしたイヤーフック、うまくハマらないイヤーピース、など。これまでレビューしてきたAnker製品は迷いのない意思を感じていたのですが、これはどうも違う様子。
音質はアップしたけれど、モノとしての魅力は微妙なところです。Anker製品でこんな感想を書くことになるとは……。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX