Anker

aptXに対応したAnker製Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundBuds Sport IE20」をレビュー!

AnkerのaptX対応Bluetoothイヤホン

AnkerからaptXに対応したワイヤレスイヤホンが新発売になったと聞いて、早速購入してみました。iPhoneはaptXに対応していないので、恩恵は少ないかと思いきや……。

Amazonからはクッション封筒で届きました。最近のこの手の封筒は、開け口が付いていて便利ですね。

おなじみのAnkerパッケージです。

付属品がたくさん入っております。イヤーピース、イヤーフックが複数、マニュアルとマイクロUSBケーブル、そしてケースに入った状態のSoundBuds Sport IE20本体になります。

今回購入したのはホワイトモデル。

左右のユニットには、ANKERのロゴ。メタリックで美しい仕上がりです。

実はこのロゴ部分が、マグネットでくっつくようになっていて、さらに電源のON/OFFも兼ねているという便利な機能を持っています。(ただ、カチッとハマる感じがなく、ただくっついてるだけなのでモヤッとします……)

また、イヤーピースとイヤーフックは交換式になっています。

このように分かれます。イヤーフックは一度取り外すと、再度取り付ける際に向きが分からなくなりました……要注意。

付属のイヤーピースは2種類。

湯のみ型とおわん型ですね。

耳の形、大きさに合わせて選べるように、イヤーフックは3種類、イヤーピースは6種類も入っています。イヤーピースは、サイズによっては取り付けに苦戦するものがありました。

コントローラーは、触ってわかるようにアイコンが凸状になっています。

付属しているケーブルクリップで余っているケーブルを留めることで、ブラつかなくなります。

AnkerのBluetoothイヤホンの前モデルSoundBuds Sportと聴き比べしてみます。

前モデルは、音質がクリアなものの全体的に音が軽め。低音に関してはかなり控えめです。一方で、新モデルのIE20は音に厚みがあり、音域も広く、普段使いとしても(Bluetoothイヤホンとしては)音質がいい部類にあることが分かります。(aptXに対応しないiPhoneでも実感できる音の良さでした。)

まとめ

新モデルは音質が向上、イヤーフックやイヤーピースも多く付属し、3000円台で買えるBluetoothイヤホンとしては充実した内容になっています。
一方で、違和感があったのは「これはAnker製品だろうか?」と感じた点。ピタッと固定されないマグネット、位置の定まらないフニャっとしたイヤーフック、うまくハマらないイヤーピース、など。これまでレビューしてきたAnker製品は迷いのない意思を感じていたのですが、これはどうも違う様子。
音質はアップしたけれど、モノとしての魅力は微妙なところです。Anker製品でこんな感想を書くことになるとは……。

今回のレビューまとめ
レビューした日
レビューした製品
SoundBuds Sport IE20
評価
31star1star1stargraygray
ABOUT ME
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
ヘッドセットのまとめ記事


テレワークでのWeb会議やビデオチャットに便利なヘッドセットについてまとめています。

  • ヘッドセットの接続方法はたったの「5種類」
  • 無線・有線、どっちがいい?
  • ゲーミングヘッドセットはどうか?
  • スマホ用のイヤホンで代用しては?
  • 骨伝導ヘッドセットが快適!
  • スピーカーフォンありかも?

テレワークを始める際の参考にしてもらえれば幸いです。
テレワーク用ヘッドセットのまとめ

葬送のフリーレン、東京卍リベンジャーズ、ヒロアカ、Dr.STONE、最新刊登場→ Kindleコミック 売れ筋ランキング Top100