Bluetooth

けだるい朝を抜け出すならオムロン!のねむり時間計HSL-003Tでスッキリ起きる!

朝、どうやって起きる?

めざまし時計はダルトンのアラームクロックを使ってます。アナログ感漂う見た目に、めちゃめちゃ鳴り響くアラーム。起こし方としては最高です(うるさいから起きる)。

オムロンのねむり時間計

とはいえ、なんかスマートにできないかなと思っていたところ、以前から気になっていたオムロンの「ねむり時間計」に新製品が出たということで購入してみました。

夜明け前を淡い色合いで優しくしたパッケージが特徴です。

内容物は、HSL-003T本体(お試し電池は内蔵済)、クイックガイド、電池交換用のドライバー。

ねむり時間計は扁平な形状で中央が膨らんでおり、例えるなら、どら焼きが一番近いです。前面は時計表示と操作スイッチが1つだけ。

背面には、ペアリング&データ通信用スイッチとアラームスイッチ、電池蓋。電池はCR2032が2個。電池交換の目安は、1日1回測定で、約4ヶ月とのこと。Bluetooth 4.0のLow Energy Supportで電力消費は抑えられているようです。

重さは64.5gと軽量。

アラーム設定は本体でもできますが、アプリを使わないと計測の意味がありません。アプリはiOS&Androidがあり、もちろん無料。

背面のスイッチを押して、iPhoneとペアリングします。表示されているのはペアリングの「P」ですね。

アプリ側では該当のねむり時間計を選択。画面にもありますが、前モデルのHSL-001/002では使用できません。

まずは機器登録が必要です。オンラインサービスに繋がったりするわけではないので、IDの設定などはありません。

Bluetoothペアリングに関するダイアログが出てくるので、そのままペアリング。

成功すると、HSL-003T上でも「OK」表示が出ます。

ねむり時間計は、iPhoneとは独立して動作するので、寝るときにiPhoneを近くに置いておく必要はありません。本体正面のスリープボタンを1回押すと時刻表示になりますので、もう一回押して「SLEEP」表示にすれば、動作開始です。あとはねむり時間計を枕元に置いて寝ましょう。

−就寝−

アラームは、設定した時刻の30分前(初期設定)から起きやすいタイミングで鳴らしてくれます。今回は7分前に鳴っているところを止めました。スリープボタンを1回押すだけではスヌーズになってしまうので、長押しして止める必要があります。

ねむり時間計をデータ転送モードにして、アプリにデータを転送します。この日の睡眠時間は5時間27分。寝付くまでの時間は5分だったと診断されていました。

1日の睡眠のグラフは、下図のように表示されます。翌日が休みとはいえ、もっと早く寝なきゃ……。

月ごとの体内時計として、下記のように就寝時間(青線)と起床時間(赤線)が表示されます。

こうして改めて自分の睡眠時間を見ると、夜型だなあと思う次第です……。

使ってみた感想

いいところ

自分の睡眠記録が取れるのはいいですね。こうして可視化されると、睡眠不足なのがよく分かります。また、アプリにいつも寝る時間を設定しておくと、その時間になるとiPhoneに通知が出るようになります。ついつい夜更かししてしまう場合にはいい機能です……。

惜しいところ

レム睡眠やノンレム睡眠の良くあるグラフが出るのかと思いきや、そんな機能はなく。測定機器というよりも、記録機器としての側面が強いようです。オンラインサービスと連携してくれる機能があってもよかったのにな、とは思いました。あと、就寝時にセットする際、「ピッ」となる機能はいらないような……。

まとめ

他に競合のないユニークな製品です。操作も簡単なので、デジタル機器が苦手な人にも手軽に使えそうな感じ(アプリなしでも一応使えるのがいい)。あとはもう少し安ければ、家族にも渡すのになあ……。

ABOUT ME
アバター
makkyon
都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!
MacBook&ノートパソコンスタンドのオススメ


肩こりや眼精疲労のもとになりがちなノートパソコンでの作業……、疲労を軽減・効率を上げてくれるノートパソコンスタンドを、利用シーン別に4つのカテゴリに分類し、それぞれにオススメの製品をご紹介しています。
ご自分の利用スタイルをもとに、一度検討してみてください。
MacBook&ノートパソコンスタンドのオススメ