iPhone 6sの片手フリック入力が超改善!alumaniaのヘッドフォンキャップ+ポケットリングをレビュー!

iPhone SEの登場で小型スマホへの回帰が起きそうですが、やはり片手持ちでフリック入力できるのは魅力だったりします。

今回購入したのは、alumania(アルマニア)のヘッドホンキャップ。予備知識なしだと、一見して何かわからないですね。

ビニールの包装を取ると、ペリペリ破るパッケージ。

内容物は、説明書のほかにヘッドホンキャップとストラップのみ。

こちらがヘッドホンキャップ。一般的な3.5mmプラグに刺さるものなので、iPhone以外のスマホでも使えます。先端はかなり細くなっていますが、iPhoneのSIMトレイ取り出しに使えるそうです。黒く見える部分はゴムです。

設置方法はいたって簡単。奥まで差し込んで、リング部分を右に回して締めるだけ。何回か回すと、ゴムが膨らんで回らなくなるので、それで完了です。

このままだとただ蓋をしただけなので、ストラップを使います。今回はバンカーリング代わりに使える、ポケットリングというものを購入しました。

よくあるストラップ同様に紐の中を通して完了。

逆さに吊っても、この安定感。抜け落ちる気配はありません。

ポケットリングに指を通したまま、iPhoneを持てば、バンカーリング並みの安定感が手に入ります。

このままテキスト打ちをすると、片手では滑り落ちそうだったiPhoneが超安定してフリック入力できるようになりました(この記事もすべて片手でフリック入力しました)。

iPhone7ではイヤホンジャックが無くなるなんて噂もあるそうですが、そうなるとこのアクセサリは使えなくなりますね……便利なのに。

ABOUTこの記事をかいた人

都内で働いている会社員です。仕事では、スマホと映画のことだけ気にしています。 半年に一回、趣味で山手線一周しています。一緒に歩いてくれる人募集中!