\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

“はじめての寄席”!『あかね噺』や『昭和元禄落語心中』を読んだら落語を聞きに行こう!どこで観る?どうやって楽しむ?

  • URLをコピーしました!

落語をテーマにしたマンガやアニメ?

落語をテーマにしたマンガやアニメがたびたび話題になります。2010年代は『昭和元禄落語心中』でしょう。2020年代は『あかね噺』が面白いですね。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場

監修に落語家が入っていることも合わせて、その臨場感に「もっと聴きたい!」と思った方も多いはず。どこで観れるのか?いつ観られるのか?チケットはどこで買えるのか?気になることは多いので、簡単に解説していきます。

INDEX
Google Workspace
Google Workspace

寄席は気軽に聴ける『落語ライブ』

昭和元禄落語心中に感化されて、実際に寄席を観に行ってみました。

※写真は鈴本演芸場(上野)

寄席といえば、年齢層高めでハードルが高そうな気がしますよね。でも、実際に行ってみると、気軽に観られる娯楽でした。お笑いや映画に比べると、チケット購入の仕組みや入退場のルールも緩めです。

落語のギモン

予約は不要、自由席

事前の予約は必要ありません。ただし、混雑が予想される場合には、チケットぴあやイープラスなどでの販売委託が行われることもあるそうです。

あとは、現地のチケット売り場(木戸口)にて、入場料金(木戸銭)を払うだけ。入場料金は2,000円〜3,000円。2,500円前後が定番。映画と比較すると割高だけど、ライブとして考えるとリーズナブルです。(鈴本演芸場の早朝寄席や、新宿末廣亭の深夜寄席のように500円でリーズナブルに見られる回もありました)

木戸とは、客が通る出入り口を指す、江戸時代の言葉です。そこを通るための窓口が「木戸口」で、入場料が「木戸銭」というわけです。

あと、座席は自由席。空いてる席を見つけたら座ればいい。

服装も飲食も自由

普段着で全く問題なく、しかも飲み物を飲みながら、お弁当食べながらで全然構いません。

休憩時間に入ったら、スタッフの方々がゴミ袋を持って回ってくれることもあるので(浅草演芸ホールの場合)、席を立たずにゴミが捨てられたりします。けっこう、すごいサービス。

一日中いてもいい

基本的にいつ入ってもいい。また、一回入ったら、最後までいてもいい。昔の映画館のよう。
ただし、土日や年始は立ち見になることがあるので、そのときは席が空くのを待つ必要があります。

落語だけではない

各劇場の公式サイトでは、あらかじめプログラム(番組と呼ばれている)が公表されているので、事前にどんな内容か分かるようになっています。

それを見れば、ナイツなどの漫才だったり、マギー一門のマジックだったり、落語だけではないことが分かります。

東京都内の劇場

常時落語を聞ける(定席と呼ばれている)のは、下記の劇場です。

浅草演芸ホール(浅草)

浅草寺やJRA、雷門、ROXなどのすぐ近く。まさに浅草の中心。

公式サイト:https://www.asakusaengei.com
所在地:東京都台東区浅草1-43-12

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX