\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

この発想はなかった!Apple Watchをワイヤレスで4回充電?できる?BLOC POWER BANKをレビュー!

  • URLをコピーしました!

海外からお荷物届きました。

BOOSTCASEのAppleWatch用充電スタンド『BLOC POWER BANK for Apple Watch』です。よくあるぶら下げ型のスタンドではなく、平置き型です。メーカーのページでは、『BLOC Wireless Dock for Apple Watch』と変わっていました。ワイヤレスドック、心地よい響きです。

パッケージ下には、「4X EXTRA BATTERY」の印字が……。

パッケージの蓋を開けると本体が見えます。このまま見ると、木の板に穴が空いてだけにしか見えません。

「Apple Watchを4回フル充電」「ワイヤレス充電はデスクのコードやPCのポートを自由にする」とあります。ワイヤレス充電……?

それでは、いよいよ開梱。

これ、本体。入っているのはこれだけ。(ウッドっぽく見えますが、bamboo=竹です。木材のつもりで持ち上げると、軽さでそれとは違うことが分かります。)

裏返します。左側に見えている白いボックスは2,000mAhの外付けバッテリー。右側の迷路は……

これを内蔵するためです。そう、Apple純正のApple Watch用充電ケーブル。つまり、ワイヤレス充電とは、モバイルバッテリーを使用することで、ケーブルレスで充電しようということです。容量の少ないApple Watchならではの発想かも。

ちなみに外付けバッテリーは、microUSBで充電可能。残り容量もポート下のランプで分かります。

さあ、それでは溝に沿ってケーブルを入れていきましょう。

完成!

純正ケーブルは長すぎて、この溝を2周しています。もちろんメーカーもそれを分かって、2本分入る深い溝になっています。

しかし、ここで思わぬ誤算。なんと、レザーループをそのまま置くとはみ出してしまう……(見た目の問題です)。レザーとウッド、お似合いの組み合わせだと思ったのに。結局、長い方のベルトを少しだけ丸めて載せました。

これでワイヤレスで充電できるようになりました。毎日充電するもので2,000mAhは心もとないという方もいらっしゃるでしょうが、1日使って50%も切らない自分にとっては十分すぎる容量です。まあ、一週間に一回はバッテリーの充電が必要でしょうけど。

日本のメーカーではなかなか作らなそうなチャレンジングな製品ではありますが、デスク周りのケーブルを無くしたい、Apple Watchをシンプルに置きたい、という方にはピッタリな製品ではないでしょうか。難点は日本に輸入するととても高いこと。万人にオススメはできません……。

今回購入したのはウッドモデルですが、アルミやステンレスのモデルもあるようです。

Apple Watch Archives – Boostcase

http://boostcase.com/product-category/apple-watch/(リンク切れ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX