\ 楽天スーパーセール開催中! /

テザリングは専用機を超えるか?Wi-Fiルーター3機種をレビュー!

  • URLをコピーしました!

昨年、iPadの購入とともにPocketWi-Fiを契約し使っていたわけですが、バッテリーの持ちがよろしくないなーと思い、光ポータブルに乗り換え、イーモバイルのSIMが使えるらしいとIDEOS(ほぼPocketWi-Fi2)を買い、気がつけばイーモバイルのSIMを使えるWi-Fiルーターが3台。

ホイホイ乗り換えていったけど、それぞれのデータ通信の実力はどうなのか?
同じSIMを使って速度に違いが出るのか?

気になるレビューは下記から。

今回使うのはこの3機種。Softbank印の「PocketWi-Fi」、NTT東日本からレンタルしている「光ポータブル」、日本通信のAndroid端末「IDEOS」。

今回使うSIMは、Softbank印のデータ通信専用のもの。ご存知の方も多いと思いますが、イーモバイルのものです。 このSIMを各機種で差し替えながら測定してみます。

測定方法は、無線LANで接続したMacBook Air上のChromeからSPEED TESTを使って、5回ずつ計測。
基本的にどの端末もほぼ初期設定のまま。IDEOSはAndroid端末なので、テザリングを許可して、それ以外のアプリは切ります。
ちなみに、AndroidでテザリングをONにすると、左上にWi-Fiのようなマークが。

結果は下記の表の通り。単位はMbps。

スクロールできます
光ポータブルPocketWi-FiIDEOS
アップロードダウンロードアップロードダウンロードアップロードダウンロード
1回目1.201.721.241.220.352.77
2回目1.201.821.271.110.353.09
3回目1.181.961.271.790.321.93
4回目1.241.881.263.310.342.26
5回目1.281.491.151.550.322.33

なんと、ダウンロードでIDEOSが他2機種を上回る素晴らしい結果。
ただし、それはダウンロードのみで、アップロードはなぜか頭打ち。
(他の2機種に比べ速度にバラつきがあったので、さらに5回測定した値のほうを載せています)

最も安定していたのは光ポータブル。ダウンロード・アップロードともに安定した数値を叩き出した。
PocketWi-Fiも、波はあるものの、光ポータブルに次ぐ安定性。
ちなみに、IDEOSはイーモバイルからPocketWi-Fi 2として出ていますが、これはまた結果が違うかもしれません。
あくまで一つの結果ということでご理解ください。

結論としては、長い時間使うなら光ポータブル、手軽さでPocketWi-Fi、たまにWi-Fi使うならIDEOSといったところ。Androidも使いたいなら一択でしょう。
iPad2を控えて、各社のデータ通信サービスが入り乱れての混戦になっています。自分のスタイルに合わせて、損のないサービス選びをしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webマーケティングを生業にする、どこかの企業のマネージャー。あなたが使っているWebサイトの裏側で出会っているかもしれません。
このサイトは趣味で作っているものなので、仕事内容とは関係がありません。春と秋に山手線一周歩くイベント(ほぼ観光)を主催しているので、気になる方はイベントページを見てみてください。

INDEX